WEBフィッシングレポート
(バックナンバー)
2007年11〜12月分
〜沖小島クロ釣り・錦江湾エギング〜


※ここではページの関係で本誌への掲載ができなかった投稿を紹介しています。

近場のクロ好釣り場、徐々に上昇中!
〜錦江湾桜島沖・沖小島釣行記〜

レポート/東郷龍心

南のハナレからカベ、シズミ方面を望む(バックは桜島)
 錦江湾内、桜島のすぐ沖に浮かぶ沖小島。その磯で40pクラスのクロがちらほら出始めているというのを聞き付け状況を見るため2週続けて釣行してみた。  まずは『南のハナレ』。満潮が10時頃で上げ下げ狙い。夜明けから右へ寄せてくる上げ潮がかなり速く、足元にマキエを集中し釣る。すると毎投のようにアタリが出る。しかし15〜18pのコッパサイズばかり。遠投してかなりの潮下を攻めても同じ状況。同行の水口さんにいいアタリがあるが、これは30p超のイトヒキアジ。その後下げに変わりコッパの食いも悪くなる。それでも沖の深ダナで水口さんが32pを掛けた。午後になり潮が止まってアタリも遠のいたが、水口さんに強烈なアタリ。しかし懸命なやり取りも実らず際の根に入られジ・エンド…。正体は何だったのか…。

朝一にヒットしたイトヒキアジ(左)とこの日最大の32pのクロ(右)


水口さんに来た強烈なアタリ、正体は何だったのか…?
 次週はシズミへ。こちらは足元周りで相変わらずコッパが群れるが、本命ポイントの左沖の深みではエサ取りもおらず釣りやすい。しかし、流れが安定せず下げ潮がカベの沖へ向かって流れる時にアタリがポツポツ出る状況であった。  しかし同行の稲田さんが38p、30pとまずまずの型の口太、30p超のブダイ数枚をあげ、私にも38pがヒット。数は出なかったものの、まずまずサイズのクロが釣れ、なかなかの好感触を得られた。近場でこれだけ楽しめれば充分か。  今後、更に状況が上向いてくるだろう楽しみな沖小島の磯である。

シズミで38pとまずまずサイズをゲットした稲田さん



風裏求めて指宿方面 をラン&ガン!そして最後に…
〜南薩エギングツアー〜

レポート/東郷龍心
 このところ毎月欠かさず釣行しているエギング!今年は昨年までよりやはり夏場の猛暑の影響か、コンスタントな釣果 が難しく遅れ気味でしたが、ここにきてどうにかポツポツながらバイトを得られるようになりました。今回は11月初旬にある某メーカー主催のエギング大会の予行演習も兼ね、毎度同行してもらっている後輩の山下君を誘い南薩指宿方面 ツアーを決行です。この前週にも山川港と岡児ヶ水港でエギを投げる機会があり、200〜600g3ハイの釣果 を得られたので、今回は更なるサイズアップが目標です。
北寄りの強風に悩まされる…
 鹿児島市から国道226号を南下。喜入原油基地を過ぎ指宿市へ入るとすぐにある道の駅下の小磯から様子を見てみますが、北からの強風が吹いており竿を出せる状況ではなく、仕方なくすぐ南にある大きな港、今和泉漁港の遊歩道から探ってみる事に。風は後ろからでどうにか竿は振れるものの、最干潮という事もあってエギにイカのチェイスは見られず15分程で海岸沿いを少し南下した宮ヶ浜港へ移動。  ここは砂浜に突き出た浅い港ながらベタ凪で満潮時にはイカの反応が多いポイント。しかしこの日は干潮でしかも風波で外側は濁りが酷く、少しでも澄んでいる港の中を探ってみます。あまり期待してなかったものの、2〜3投で200g程のイカのチェイスがあり、大きなダートアクションで誘うとヒット! しかしここではこの1ハイのみの釣果 でした。  風がまだ強いので、風裏を探して結局また山川港へ。先週いい手応えのあった船溜まりで2時間程粘ったものの、この日は全くイカの気配が見られませんでした。
風がおさまってる…
 この日はこれでジ・エンドか…と思い、鹿児島へ向かって走り、何か食おうかと最初に訪れた道の駅へ寄ってみると、北からの風が弱くなっています。これは…と、メシ前にロッドかついで下の小磯へ降りると竿が出せそうな感じ。あまり期待してなかったのですが、ここでの竿出しは始めてなので少し様子見に。  私がタックル交換をしている間に先に竿を振っていた山下君の大きな声が! 見るとうなだれている様子。何と1投目から1s超の良型がエギを追ってきてヒットしたものの、慌ててしまいアワセに失敗したとの事。確かに海面 にはたくさんのイカスミが漂っていました…。  気を取り直して竿をシャクる山下君、すかさず700gをキャッチ。続けて500gも。私も同じポイントに入れてもうと2〜3ハイのイカがチェイスしてくるのが見え、ダートアクションでどうにか400〜500gを2ハイキャッチできました。  その後30分程でイカの気配が消えてしまい、終了となりました。今回は風に悩まされましたが、最後にいい感触を得られたツアーとなりました。これから更にサイズアップが見込める季節、来月も頑張ってツアーしよう!

1投目の大型バラシにへこたれずすぐに700gをキャッチした 山下君
(指宿道の駅下にて)
トップへ戻る