WEBフィッシングレポート
2009年7月分



コロダイ狙い…は不発ながら
何かと楽しめる沖堤防
大型魚は確実にいる!


鹿児島市
本港沖堤防
2番

編集部T

 7月某日、本誌でもお馴染み、コロダイ釣りの名手、松村さんに鹿児島市の本港沖堤防でコロダイ狙いに挑戦していただいた。今年はまだ本格的な釣果 はあまり見られていない状況ではあるが、そろそろ可能性が高くなってくる季節。ともかくやってみないことには分からないという事なので実釣へ。
 上がったのは2番沖堤の赤灯台。潮通しが良く、ポイントとしては無難と考えての決定。 コロダイ は石鯛竿でのカゴたらし仕掛けで狙うので、まずはマキエを撒きながらポイントを作りつつ、松村さんはアジを狙っている。同行の増山さんはカゴ遠投でマダイ狙いを。私はウキ釣りでコロダイを狙ってみようと仕掛けを組む。使用するロッドは、大型底物魚に対応できるシマノの『タマンスペシャル530』。もともとが大型フエフキを対象にした竿なので強靱ながら軽く扱いやすい。これに6号負荷のウキを付け、底周辺から中層を狙ってみるつもりだ。
 薄暗くなってきたところで増山さんのカゴ仕掛けに20cm程のアジがヒット。そこで松村さんがサビキ仕掛けを遠投してみると見事2連でゲット!

 暗くなってきて本格的にコロダイ狙いに集中。しかし、夜半までたまにアジがエサを突く程度でアタリらしいアタリも出ないまま時間だけが過ぎていく。流れも思ったより切れが良く無く、フラフラとした感じだ。
 空が白んできてそのまま明け方が近付いてきてしまった。この時間帯が最後のチャンスと集中する…。
 一方、明け方から再び遠投カゴで沖を流していた増山さんに大きなアタリ。竿の曲がり具合からなかなかのサイズと思われたが、やり取りの途中で残念ながらハリ外れ…。それでもその後に36cmの真鯛を仕留めていた。

 その頃、際近くを流していた私のウキがゆっくりと海中へ…。『根掛かり?』と思っていたらオープンベールのリールからラインがバタバタ〜と勢い良く出ていった! 慌てて竿を取りアワセを入れるが、ひとのしの後フッと軽くなってしまった…。仕掛けを上げてみると10号ハリスの途中から切れていた…どうやら根に当たった様子。残念…。
 その後はコロダイらしいアタリも無く、狙いは不発に終わったが、大型魚の反応は確認できたので、近くて手軽な釣り場でもあるので、 この夏中にはリベンジしてみたい。

※PS…この1週間後、今度は日中のフカセ釣りで1番堤防へ上がったが、朝マズメに4号ハリスを3回切られてしまった。かなりの引きで魚も結構なサイズと思われ、どうやらコロダイらしいアタリだったので、再び夜釣りでチャレンジすれば可能性が高いと思われる。

トップへ戻る