WEBフィッシングレポート
2010年8月分



今回の使用ウキ


松山さんの釣果

私の釣果



 今回は、地元の会員、木原さんに「釣行のたびにボウズ無しですよ!」との有力情報を教えてもらい、早速相棒の松山さんと釣行に行ってまいりました、木原さん情報によれば水深は満潮時で2ヒロ10mから15mぐらいの沖でよくアタりますとの事。


えっ・・・? 2ヒロの浅場でマジに食って来るの・・・?


  今まで経験の無い浅場での釣に戸惑いながらも私はキザクラの黒魂R0で松山さんは遠矢浮きチヌスペシャルBをそれぞれチョイスし実釣開始!
 この日は中潮2日目。満潮が10時、5時から釣りを開始しエサ盗りの反応はあるものの、なかなかチヌのアタリが無く、攻め方に困惑している所に心強い仲間の木原さんが参上! 「この潮だとあの辺で良くアタリが出ますよ、満潮前後が激熱になりますよ」といろいろアドバイスをしてもらい満潮に的を絞り攻め続けるも、当て潮の左にかなり速い潮に。そこは、黒魂Rの利点を生かし、Bに浮きをローテーンション(まさに黒魂Rの最大の利点は、潮の状況に応じ浮きをローテーンションする事により攻めの釣を実戦できる)。

 満潮も近くなり少し潮も緩みだし、当て潮から沖左流れに変り、木原さんが「そろそろですよと」アドバイス! 潮が緩んで来たので黒魂R0にローテンションした一投目に道糸が軽く張るアタリにアワセを入れメイタ30cmをキャチ&リリース!これをかわきりに松山君と私に45〜50を2枚立続けにゲット!
  満潮止まりとなり黒魂R0シブに浮きをローテーンションし、攻め続けるもしばし当り無し、少しづつ潮が右に流れ出し黒魂Rならではの心地良すぎるバチバチアタリと激引きを楽しみながらタモに収まったのは、チヌ47cm。   又も私のこの一匹をかわきりに松山さん私、共にチヌ45〜50を2枚ずつゲット!
 この後又も潮がより潮、しかも右に速い。浮きを黒魂RのBにローテーションかなり流した所でアタリがありアワセを入れキャチしたのはメイタでした。
  この後、エサ盗りのボラ・バリの猛攻が続き、夕マズメまで粘りましたが私がメイタを一匹釣ったのみでノーカン。最終釣果は、松山さん45〜50cmを4枚、私がメイタを
含めますと30〜50cmを8枚の釣果となりました、この日は、バチバチアタリも満喫でき満足いく釣行となりました。ナビゲートして下さいました木原さんのおかげです!
  木原さんによると9月後半までこのAZ裏テトラ帯での激釣は続くとの事ですので本記事御らんになったチヌ師の方々是非バチバチ体験しに行ってみて下さい!

 今回の釣行をへて、夏の暑さもありますので暑さ対策(やはり麦わら帽子が一番)と満潮前後に的を絞りの釣行が望ましいと思います。まだまだ暑さは、続きますがチヌ師の皆さん夏ばてや熱射病などに気を付けてチヌをシバキまくりましょう。

遠矢浮チヌスペシャル・キザクラ浮き黒魂Rをはじめ新作取り扱い店は、
鹿児島市 祇園之州の
フィッシング・アミューズ

海の日、海守の鹿児島会員と薩摩海守会によって行われた磯浜(鹿児島市)の清掃活動
トップへ戻る