WEBフィッシングレポート
2010年11月分



2.3kgの石垣鯛をゲット!



今回の釣果



今回同行した山口県の釣友、田辺君
 久しぶりに山口県の釣友、田辺君から電話があり、硫黄島で夜釣りと石鯛釣りをしようと連絡があり出掛けることになり、枕崎の黒潮丸へ予約した。
 当初、11月8〜9日の予定であったが9日は時化てくるので、11月7〜8日に変更できないかと船長から電話があり、急遽変更となりバタバタと支度し、鹿児島を18時30分過ぎに枕崎に向け出発。途中スーパーで食糧・水分等を仕入れて枕崎に到着したのは20時30分を過ぎていた。

まずは夜釣りから

 船長への挨拶もそこそこに荷物を黒潮丸に積込み21時に出港、硫黄島に22時30分到着。浅瀬に降りることになった。 早速、キビナゴとタレクチイワシの撒き餌を入れ、付け餌はサンマで23時釣り開始。潮も殆ど動いておらず、風がかなり強く吹いていて竿も揺れ釣り辛く、暫くはウツボとエサ盗りのアタリのみで時間が過ぎ行き、少し疲れてきた。そのうちアタリも遠のいてきたので、釣り座を離れたところに変えてみた。
 アタリは全くなかったが、20分位手持ちで待っていると、アタリがあり、新しい餌に変えると竿が引き込まれたので上げると、小さめのバラフエダイが釣れた。
 また元の釣り座に戻ったが、朝までエサ盗りのイスズミとの戦いで、二人とも夜釣りの部は終了し、石鯛釣りへ7時頃変更した。

石鯛釣り開始!

 餌はガンガゼと白ウニを10個程、芯を取りガラを撒き餌に石鯛釣りを開始した。 夕べからの風が更に強くなってくる中、潮は動いていなかったが、数投目でアタリがあり、餌がなくなる状況がでてきた。
  エサ盗りのモンガラカワハギが釣れたので、田辺君と釣り座を交代した。数投目で田辺君にアタリがあり、大きく竿が押さえ込まれたのでアワセを入れると、かなりの勢いでシメ込まれる。水面近くに浮いてきたのを見ると口白が確認できたので、「口白だぞー!」と言った瞬間、竿が大きく空を切った。ハリ外れで痛恨のバラシ…。おそらく4kg位の魚体と思われた。残念!
 2人とも唖然としたが、まだまだ時間がたっぷりあるので、気を取り直しウニを少しづつコマセて釣り直し。
 しばらくアタリはなかったが、8時頃、私にアタリがきて、2.3kgの石垣鯛が釣れ、その後は8時20分頃2.1kgの石垣鯛が釣れた。 次にまた私にアタリがあり、1.7kgの石垣鯛が釣れた。田辺君にもアタリがあるが、竿に乗る状況には至らず、10時を過ぎて竿をたたんでしまった。
 その後はハリセンボン・モンガラカワハギ・フグ等の外道のオンパレードで、納竿間際に遠投していた竿に1.5sの石垣鯛が掛かり、10時50分に納竿した。 私としては、まずまずの釣行だったが、田辺君には非常に気の毒だった。 結局、石垣鯛4枚の釣果でした。11時に黒潮丸が迎えに来たので、船上の人となった。

黒潮丸連絡先(泉船長)
電話0993-73-2687
携帯090-4355-5643

     

トップへ戻る