WEBフィッシングレポート
2010年11月分



今回の釣り場、船上よりの展望です
サラシの中はコッパとイスズミだらけ…
除川君と満岡君、磯遊び中
40cm無いかな?

コッパの中から抜き出した良型のクロ

今年の里はどうでしょう?

 いよいよクロ釣りシーズンが到来しました。しばらくは楽しみが増えて仕事の励みにもなりそうですねっ。 今回は、チームの満岡君から突然のお誘いに、なんとかかんとか仕事の調整を果たしまして、今期を占うべくシーズン序盤の甑は里へと向いました。水温の急な低下かで不調か?はたまたエサ盗りの大群か? シーズン早々は釣果もハッキリしないものですが、さてさて今年の里はどうでしょう。
 同船の釣り人はまだ底物氏ばかり、上物は我々くらいでした。地磯から釣れ始めるセオリー通りと言う訳で、射手崎に我々は3名で降り立ちました。足場が全体的に斜めですが3名でも釣りは出来そうな場所です。まずは、満岡君に釣り座を選択してもらい私は後から北向きの突端へと入りました。
 すぐ明るくなりましたので、足元にパン粉のみの撒き餌をガンガンくれてやると木っ端グロで一帯は真っ黒。

コッパグロを避けて遠投できるマキエを用意

「クロでまっくろ」なんて洒落にもなりません。10cm前後のサイズが掛かりまくりです。
それでも、満岡君、除川君等はバーベキューとビールで超ご機嫌!! 磯遊びを満喫しておりました。
 わたくしはと言うと、足元にほど良いサラシが出来ておりましたので、サラシを利用して良型を引き出そうとしますが、25cmクラスばかりでリリースの繰り返しでした。層はかなり浅く2ヒロ以上下へ探ると反応がありません。
  サラシも駄目、足元も駄目、深めも駄目となれば本流にポイントを移すしかありません。
本流は南へ走っています。流速が早すぎますが、投入場所を工夫すると馴染んでくれそうです。
 しかしマキエを同調させると必ずエサ盗りにやられます。そこで、マキエは本流への反転流へ撒きこみ、付け餌は本流へ投入し沖でマキエとツケエがぶつかる様に演出してやると、やっと40cm前後が掛かり始めました。 それでも、マキエの投入タイミングや位置しだいでイスズミにやられてしまいます…。
 そんな一日で、25cmクラスのクロは何十枚釣れたか分かりませんが、ポツリポツリ混ざる良型がいるのでとても楽しく過ごせました。
 その翌週は、チーム別のメンバーがこの射手崎へ渡礁しました。その際は、本流が横から当てて来たようでとても釣り辛かったとのことでしたが、カツオにシマアジに30cm前後のクロにと釣果がありました。本流が沖へ向えば真鯛も狙えるそうで、なかなか魅力的な射手崎です。
 ということで私のシーズン開幕戦は、自分なりに上々の滑り出しでした。みなさんも、クロシーズン到来を満喫中の頃と思いますが安全には十分注意して楽しんで下さいね。

今回の釣果の一部
良型のみキープ
お世話になった藤丸
電話0996-93-2143

        

トップへ戻る