WEBフィッシングレポート
2010年12月分



今回の釣り場・ポイント全景


当日の釣り座全景

朝は釣り人でにぎわう船着場


本日最大の45cm


価値ある一尾を手に!

場所:鹿児島県南さつま市秋目港沖「沖秋目島」
釣行日:2010年11月28日


 みなさま、今期のグレ(クロ)は絶好調ですか〜?瀬ムラ日ムラがありながらも、爆釣することも多く楽しい頃ですね。
 今回の釣行当日は、チームの緒方さん樗木さん達と3名で南薩は秋目へとドライブして・・・いえいえ、釣りにいってまいりました。というのも、甑島の予定がキャンセルでした。北からの風が強く時化気味で急遽南薩へと変更した次第です。

筆者と秋目の相性は今のところ最悪
 この釣り場、私になかなか優しく微笑んでもらえていません。いつも綺麗な海岸線を堪能して帰るばかりです。釣り客も多くにぎやかでよく釣れているので、本日こそはとヤル気満々の私を乗せて渡船は朝6時半に全速で出船しました。ただウネリと波で渡礁できる瀬が限られています。名のある本命の瀬にと期待していましたが沖秋目島の南東向きの風裏へ、とりあえず上がれる場所へと降り立ちました。南ノ詰と呼ばれる瀬から石切場の間に当たるようです。 「中止にならず竿が出るだけでも満足、満足」。みんなでこんな話をしながら3人で釣るにはちょっと狭い瀬を分けて、それぞれ釣り始めました。

潮は当て気味で右へ流れます
 瀬際が狙いにくいので沖から馴染ませる作戦でマキエを遠めに打ちポイントを作ってみました。足元には全くエサ盗りが見えていないのですが、当ててくる仕掛けに、追いマキエとして合わせてやりたくて足元へもパラパラ入れておきます。

3投目!「その時」はいきなり来ました!!
 私のお気に入りのウキT-HOPEが不意に入りました。
ウネリに負けないようにガン玉Bをセットした、いわゆる重たい古風なタックルシステムです。その「重い」タックルは、私の「思い」をのせて気持ちよく入りました。が・・・実はボケーっとしていたので、アワセを入れるや否や強烈な引きに全身に電気が流れまる始末です。
 「デっ デカイ!!」声に出したか心の中で叫んでか分かりませんが、瀬際に突っ込む獲物を瀬から離そうと必死でした。

無情(無謀)にもハリスは1.5号です・・・
 「秋目のクロをなめたらいかん!朝一番細ハリスでどないすんネン」って言われているかのように、瀬に擦りながらズズッズズッっと少しずつ引っ張って行く状態。瀬に巻いているようです。しばらくテンションを緩めて待ちましたが瀬ズレで沈黙しました。
 「朝一バラしてすみません魚が散らないといいですが・・層は2ヒロでした」と先輩方へ平謝り。
私は、直ぐにザラザラのハリスを交換し1.7号へ上げ再チャレンジしました。相変わらず当て気味の右流れでしたが、活性が高いのか直ぐ樗木さんにもアタリがあり難なく良型をゲットされました。

そして、続けざまに筆者にアタリ! やはりタナは2ヒロ!
  釣り上げたクロは45cmの大型でした。先ほどのバラした感覚が手にまだ残る中45cmを手にして「これで45cmならさっきのヤツは軽く50cmUPかぁ〜残念」と(涙)しました。
  その後は、嘘の様に沈黙が続きました。ウネリが強くサラシが出来ていましたから水温が下がったのか、最干潮からの上げ始めの時合いが終わってしまったのか、全層を試みたり、餌さを変えたり、ハリスに針にアノ手コノ手。でも掛かるのは、イスズミ・青ブダイ・イチノジ。浅層は餌も取られず、3ピロから底は外道で退屈な時間が過ぎました。

そんな中、沈黙を破ってくれたヒーローは緒方さん!

 最満潮前に流れが逆に流れた瞬間を逃さず良型1尾ゲット!!ようやく時合いが来たと張り切り、高台へ登りクロの層を確認しました。するとかなり底でチラチラしているのを発見。半誘導で層を決め短期決戦を挑みます。 しかしです、あっという間に見えなくなり餌さえとられないようになってしまいました。朝と同じく一瞬しか喰いがたたない様です。
 我々は結局そのまま納竿となってしまいました。他の瀬の状態は50cmの尾長も混ざってそれなりに楽しめたようです。お隣の野間方面では20枚釣る方もいたとのことで海況が整えば期待大のようです。みなさんも一緒にグレの最高シーズンを楽しみましょう。


トップへ戻る