WEBフィッシングレポート
2008年2月分

※ここではページの関係で本誌への掲載ができなかった投稿を紹介しています。


残り物に福!
悪条件ながら釣果有り!!


鹿児島県枕崎沖・『立神』のフカセ釣り


レポート/林 直伸

 2月上旬、私の所属する「3FC」の大会が上甑島で予定されていたのだが、時化の為延期になった。今回は気合が入りまくっていたので諦めきれず、時化には強い枕崎で竿を振ることにした。
 最近の枕崎は、よく釣れており2桁釣果もちょくちょく出ている状態だ。やはり釣れていると釣り人の情報網が見逃すわけも無く、当番瀬はすべて埋まっている。仕方無いのでC級ポイントでも竿が出せるのなら…と、感謝の気持ちで渡船に乗り込んだ。 日頃の行いがいいのか、立神のハナのお客さんからキャンセルが出たらしく、ラッキーなことに「立神のハナ」へ下りることになった。しかし、よくよく考えれば、お昼前から風が強くなる予報で、立神のハナは釣りにくくなるのにようやく気が付いたが…。午前中勝負で、準備に取り掛かった。 今回の同行者は、いつも地磯でお世話になっている山村さんと桑鶴くん。

枕崎の象徴『立神』!

 今回の集魚材は、風が強い事を考慮し、釣まん・全層グレ遠投2袋、オキアミ1本、赤アミ1本を混ぜた。タックルは別 図の通りだが、やはり今回も釣研から新発売の「ハイパーレスキュー」から始めることにした。
 本当に風が強くなるのか?と思うくらいベタな感じ。 私は先端に釣座を構えた。すでに下げ潮が入り、正面 をかすめてから南向きへ抜ける感じで潮が動いている。 際にマキエを打ちながら、手前から潮に乗せて探ってみるが、ツケエすらかじられない。よく観察すると上層の潮だけスベリ、底潮は全く動いていないようだ。
  残念な事に時間が経つにつれて、風が吹き出し、海面もざわつき始めた。潮の動きは同じだが、仕掛けの角度が気になるので、ジンタン5号を追加し、際にはマキエを入れ続け、沖から、当て潮で仕掛けを馴染ませ、ハリスが際にさした時、アタリが出た。なかなかの引き!ハリス1.2号なので慎重に寄せタモに入ったのは39cmの尾長だが、笑みがこぼれた。次に掛かったのは、残念ながら、コッパだった。


朝マズメの一撃!良型尾長と使用した『ハイパーレスキュー』(左上)


 山村さんも竿を曲げた!しかし、竿を叩いている・・・。良型のチヌでガッカリ。風は次第に強くなり、先端は時折、潮シブキをかぶるので立神の真ん中へ移動。いい感じのサラシが出ているので朝ダナから探るとヒット!しかし、掛かるのは、イチノジ・サンノジのみ。

山村さん、粘りをみせたが釣れたのはチヌ。しかし良型でした!

 下げ潮が、方向へ抜けてくれれば釣れそうな気はするのだが、強風にウネリ…。固定から色んな釣りを試してみたが、厳しい。さらに時化は増し、終いには、バッカンまで流される始末。トホホ…。
 案の定、早めの回収のなり、船に乗り込んだ。
 今回は「価値ある一尾」となってしまったが、いろいろ考える釣りをしたような気がする。 しかし、「大風に風裏無し」かな…。



立神では59.5センチの良型マダイが釣れてました!

トップへ戻る