WEBフィッシングレポート
2011/11月分


鹿島水道に位置する平瀬崎


鹿島水道に位置する平瀬崎西向き


鹿島水道の平瀬崎東向き


鹿島東磯ミタレの平瀬


鹿島東磯ミタレの平瀬全景


かわいいサイズ


釣れまくる60cm以上の
やっかいなサイズ


30cmチョットは本日の良サイズ

 ごきげんいかがですか!みなさま、魚釣りには行かれていますか?
と文頭から申しましたのも、筆者はギックリ腰を連発いたしまして(痛痛痛)、なかなか重い荷物を持ってなんて思えないほどの激痛にしばらく悩まされております。
 では私は休んでいたのか?・・・。 休んでいられません。コルセットを巻いてボルタレン(痛み止め)飲んで、それから漢方薬に電気にお灸に病院にと回復を図りつつ、リハビリと称してはグレ釣りへと出掛けておりました。
 釣果としてはまだ勢いが出ていない気配が漂う中、先ず甑島は鹿島の東側向きで今季の甑島デビューを行いました。
 それまでは、川内の「鴨の瀬」南薩の「久多島」と秋磯の気配を探っておりましたところ、結果10月中は日ムラが激しくどちらの日もブダイの猛攻にさらされております。本来なら「鴨の瀬」も「久多島」も釣れ始めている頃ですから、中型〜小型グレの数釣りをと思っての釣行でしたが、浅層までブダイが乱舞してくれており、どうも私の釣行タイミングは良くなかったようです。本誌の出る頃は爆釣している頃と思います。
 そこで、毎秋釣れ始めが早い鹿島の東磯はどうかと「誠豊丸」へと乗り込みましたのでその模様をお伝えします。 結果は、小型グレの爆釣だったのですが・・・。
 当日西磯は大シケ、東磯は安定して波もなく釣れそうな気配でした。 先ず朝一番に降り立ったのは、鹿島の東側「ミタレの平瀬」と呼ばれる場所で足場は最高でした。 ひとまず棒ウキT・HOPE  G2 タナ2ヒロで瀬際を集中的に狙います。
 直ぐ喰ってきたのは、木っ端尾長。ならば、と層を少しずつ下げてみました。 しかし、どんどん木っ端尾長から更にサイズダウンしてしまい本当の葉っぱサイズのグレに囲まれる始末です。
 これは厄介です。次の策としては、際に釘つげする撒き餌を多めに打ち、付け餌を遠投し沖の潮筋を試しました。とろが当て潮気味の弛んだ流れでグレの居るような流れじゃありません。ダメだと判断した私は周囲の沈み瀬周りを探りますが、残念ながら掛るのはブダイ。
その後撒き餌の配合を変え、付け餌を変え反応してくれそうなグレへのアプローチを繰り返しました
 しかし、この潮で「ミタレの平瀬」ではグレには遠いと思い瀬替わりを選択。 ただ瀬替わり前に、イカを4回掛け90cm前後のアカジョウ(ハタ類です)を掛け堪能しましておきました。あっでも、いずれも釣り上げておりませ〜ん(涙)。食卓には上がらず残念。
 さてさて気分一新、誠豊丸さんで次の磯へGO!! 同じ鹿島でも今度は西側を狙ってみましょうと、更に他からの瀬替わり組みの方々を乗せて移動しました。 わたくしは、大シケのなか辛うじて水道の「平瀬崎」へ渡礁決定。 そこも名の通り広くて快適な瀬でした。ただ突風でバッカンが転がるほどの風なのです。
 そこでは、棒ウキなど使えません。どっしりとしたキザクラの「黒魂00」をチョイスして風に立ち向かいました。
しかし状況は厳しく、わたくしは1人きりの瀬の上で「うぅ〜ぅ!撒き餌がトバーン」とおお叫び状態。でも当たり前ですよね、撒き餌が入ったバッカンが転がる風なんですし。 水道向きの船着け場が本命のポイントらしいのですが攻めようがないほど強風が吹きつけ続けました。
 さてその強風の中、サルよりチョトだけ賢い私は、風のタイミングを計って仕掛けを投入することを覚えました。撒き餌も練り込みました。イメージとしては、台風の中釣っている姿を想像して下さいね。
そんなこんなで踏ん張っていると時折見える魚もおります。足裏以下のグレと70cm以上のブダイ達・・・。しかし本命の良型のグレだけを狙う為、他魚から逃げるように瀬のワレにアプローチを繰り返しました。
 すると手元まで届く衝撃とともに「ギューーーん」と一気に突っ込んで行くのですからたまりません。 何度となく切ってしまいましたが再アタックしても必ず「ギューーーん」って乗って来ます。 ・・・笑笑笑、グレじゃないですよねっ。間違いなくタバメ(ハマフエフキ)です。 見えているワレの中に何尾いるのか。ハリスを太くすると道糸からイってくれる始末で(涙)
 結局船付けを離れ、風裏になる東側(右手に港が見える位置です)に降りて足の裏サイズのグレと戯れることとなりました。
ただその足裏でも数遊べたのは船長のおかげでした。他はグレの顔も見えないところもあったほど。 始めての釣り場では、名礁でも釣れるか釣れないかでその後の印象が大きく違うものですよね。今回有名な平瀬崎へと降りてみましたが、とりあえずグレを見ることができて、わたくしにも優しい瀬だと記憶されました。
 本格シーズンに、また降り立ち繊細な釣りも堪能したい場所だなと思いながら瀬を後にしました。 あぁ〜今回は、巨ブダイに巨タバメ(ハマフエフキ)達にバチン!バチン!ブチ切られながらもやり取りのいい練習をさせてもらいました。
 この後の情報では、この原稿を書いている頃11月の上旬で、かなりの釣果がまとまりだしておりました。皆様、鹿島では今シーズンもデカイ尾長が舞って(待って)いますよ、良い釣りをして下さいネ。

トップへ戻る