WEBフィッシングレポート
2011年12月分



夕まずめ突入!クロのアタリが
連発し始める!


40cm近いオナガを取り込んだ
山田君

坊津へ!
 寒グロ今シーズン2回目の釣行は鹿児島県南薩の坊津の磯へ。友人の水口君の誘いで決定。しかし、前日から季節風が強く渡船が出るか微妙な状況…。当日朝になっても風が治まらないものの、とりあえず遅番で午前10時頃から渡してもらい夕まずめまで釣る予定で港に向かいました。
 風と前日からのウネリはまだ治まっていなかったものの、とりあえず出港しましたが、沖磯はやはり駄目。地磯で空いていた展望台下という磯へ上がりました。
 さて準備が終了し、釣り始めて少ししたところで、今までやや後から吹いていた風が真横からに変わり、強さも増してきました。かなり釣りにくい状況に…。
 沖目攻略をあきらめ、足元に狙いを変えると、3投目でウキが勢いよく入り、33cmの口太グロがヒット。
 これは幸先いいと、瀬際を狙い続けると、今度は30cmがヒット。
 しかし、この後、オヤビッチャの猛攻が始まりました。竿引きで蓮チャンする始末…。ポイントを変えたいですが、この風ではなかなか難しい状況…。クロはいるのは間違いないのでもどかしいです…。

夕まずめ突入!
 そこで、他の瀬に上がっていた山田君が被り始めたとのことで避難、合流。私の横で竿出しすることに。
 時間はすでに午後3時。回収は午後4時半の予定なのでラストスパート。この頃から足元に見えていた小魚の姿が見えなくなり、あれほど猛アタックしていたオヤビッチャもアタらなくなってきました。夕まずめが始まった予感です…。
 横風は相変わらず吹いていますが、先ほどまでほとんど流れていなかった潮が緩くですが沖へ向いて流れ始めた様子。瀬際近くから流して行きます。
 そこで山田君の竿が大きく曲がりまずまずの魚がヒットした様子。上がったのは40cm近いオナガグロでした。
 しばらくして私のウキもスパっと消え、33cm程のオナガ、続いて30cmの口太が連続ヒット!
 しかし、ここでまたまた横風が強くなり、ライン操作もかなり難しくなりました。狙えるのは瀬際のみ。
 ここでまたヒットするも、2度連続のハリ外れ…。そしてウキが入るものの、ハリ掛かりしない状況が続いてしまいます。際の魚は喰いが渋いようです。少し沖に流せる山田君はどうにか30〜35cmを数枚追加していますが、私は喰わせきれないまま時間が過ぎ、ここでゲームセット。残念ですが、期待の夕まずめは未消化のまま終わってしまいました。
 それでもボウズじゃなかっただけよかったです。年末までまた行けるか微妙な天候ですが、初釣りも好釣果で迎えられるよう祈りたいですね。皆さんもよいお年をお迎え下さい。





トップへ戻る