WEBフィッシングレポート
2011/7〜8月分


 最近は仕事の都合もあって磯での夜釣りは行けても年に1〜2回。今回は久志の磯へ。今回はブッコミ釣りに専念。ツケエはサンマとトビウオの切り身と生のキビナゴも用意、マキエ用には冷凍タレクチイワシ12kgとかなり気合いを入れて臨みました。
 釣り場は足場がかなり良好のビシャゴ(大瀬向き)へ上がりました。同礁は毎年夜釣りをご一緒する釣り仲間の某GS店長の稲田君。もう一人の同行者、水口君はどうしてもイサキが釣りたいと中ノ瀬へ単独渡礁して行きました。
 午後5時過ぎとまだまだしばらくは明るく、稲田君は暗くなるまでフカセ釣り。私はマキエと仕掛けの準備をゆっくりして暗くなるのを待ちます。
 準備を終えフカセを見学していると、稲田君竿は頻繁に曲がるものの、25cm程のコッパグロと40cm超の良型(?)イスズミばかりでイサキや良型グロなど本命魚は喰ってこない様子です…。


いよいよ夜釣りスタート!


 夕陽が東シナ海の彼方に沈み、薄暗くなって来たのでムツバリ20号に短冊状のサンマの切り身を縫い刺しし、予めタレクチをたっぷり撒き込んだ瀬際近くへ仕掛けを投入。竿先には竿先ライトと鈴を装着。竿は2本、少し間隔を空けてセッティング。仕掛けは片方はベタ底這わせ仕掛け、もう一方は天秤使用で捨て糸をやや長く取って(キダカ…ウツボ対策として)エサを浮かせてみます。
 次第に暗くなっていく磯に波に揺られる竿先ライトの明かりと波の音…。なかなか幻想的です。あとは魚のアタリがあれば…。
 しばらくは変化も無く静かな時間が過ぎて行きました。そして30分程過ぎた頃、ようやく竿先に変化が! まずはキダカからアタって来るだろうと思い込んでいましたが、いきなり一気に石鯛竿が根元からひん曲がります! すぐに竿尻に飛びつきますが、竿先はすぐに跳ね返って来てしまいました…。仕掛けを回収してみると20号のフロロラインがサルカン下すぐからズタズタになって切れていました。『こりゃかなりのサイズの魚だったかも‥』、しかしバレてしまってはどうしようもありません。残念…。
 またアタリがないかと気を取り直してすぐに仕掛けを再投入しますが、その後は心配された通り、ベタ底仕掛けは毎投ごとに大小のキダカ祭りと化してしまいました…。そこで、ベタ底仕掛けのハリスに2cm程の発泡玉を通してヨウジでチモトから20cm程離して固定しエサを浮かせてみる作戦に。するとこれが効果覿面、キダカのアタリはピタッとストップ! しかし本命のアタリもその後全く出ないまま時間が過ぎて行きます…。
 気がつくとすでに日が変わろうとする時間に。その間、マキエやエサのチェックも定期的に行い、仕掛けの投入点も瀬際から沖目まで探りながらと手を抜いてはいないのですが…。何でアタリが出ない? 確かに潮はあまりよくはないですがそれでもこんな筈では。
 すると夜半過ぎ、少し離れて竿を出していた稲田君の竿が突っ込んだ様子。急いで駆け付けると、白っぽい魚体が浮いています! 私が下に降りて引きずり上げると何とコショウダイでした。型は50cm2kg程でしょうが、この日初の魚らしい魚が釣れました!


何で〜?


 丁度潮変わりの時間帯、時合いかなと私も期待していると、天秤仕掛けの竿に変化が! 竿先ライトが2〜3度大きく揺れた後、グ〜ンという感じで海中へ向かって入って行きました。今度はタイミングよく竿を手に取りアワセを入れると魚の感触が! 『ヨシッ!』と思った瞬間、フッと反応が消えました…。『えっ???』とリールと巻くもののやはり反応は消滅。上げてみるとハリは付いています。今度は何とスッポ抜け…。
 ショックでしばし呆然とするものの、朝までまだまだ時間があるのですかさず仕掛けを打ち返すものの、その後はまたしても沈黙の時間が…。
 するとそれまで星がきらめいていた夜空が急速に雲に包まれ、突然の大雨そして強風! 慌てて持参したパラソルの下へ避難。それがなかなか止まず、夜明け直前まで続いてしまいました。当然釣りどころではなく、あっけなく今回の夜釣りは終了となってしまいました…。
 結果、今回も念願のシブダイは手に出来ず…。何とも切ない夜釣りとなってしまいました。準備万端で望んだのですが、結果が出ず残念です。しかし、これも『釣り』です。条件が悪ければ魚が釣れないのも自然相手だからこそ…と思い、次回に期待して久志を後にしました。
 この日、中ノ瀬の水口君も夜半までは釣果無しで、雨の直前にバタバタと33〜40cmのイサキを5匹どうにか釣り上げたそうでした。やはり、この日はあまり状況はどの磯もよくなかったようです。
 今シーズン、もう一度夜釣りできるか分かりませんが、ぜひリベンジはしたいですね。


   
この日唯一のまともな魚を釣った稲田君、この魚の
『コショウダイ』はコロダイに似ていますが結構珍
しくて高級魚です!


《コショウダイ》 種名:コショウダイ/科名:イサキ科/属名:コショウダイ属/分布:沖縄をのぞく山陰・下北半島以南、小笠原〜南シナ海など/生息環境:沿岸浅海の岩礁域やその周辺の砂底に生息。河川汽水域へも進入する。産卵期は初夏とされる。/食性:甲殻類、多毛類や小型魚類など。/その他:美味な魚で漁獲されると市場流通するが、資源量はそこまで多くない。
トップへ戻る