WEBフィッシングレポート
2012/9〜10月分

今回の釣り座


今回使用したマキエ


30cmオーバーの尾長グロ


今回の釣果
今日の焼酎の肴です!


伊座敷の磯へ


 10月に入り、秋らしく過ごしやすい時期になりました。今年は台風によりあちらこちらで被害が出て農業関係の仕事をしている私も冷や冷やとしながら情報をチェックしています(本当は釣りに行けなくなるので…)。幸い今のところ鹿児島県本土は大した被害もなく助かっていますが…。
 さて前置きはこれくらいにして、今回は時期的に早いと思いましたが、9月中旬に大隅半島・伊座敷に行った時を紹介したいと思います。


 台風16号が通過し、その影響でグレが釣れるかもしれないかなぁ〜と思った私は、垂水に住んでる先輩にすぐに連絡を取り『伊座敷はどうですかねー』と聞くと、『上物はどうかわからんけど、ちょうど今週の土曜日に行っど』とのこと。すぐさま『自分も付いていきます。』と返事し、釣行することになりました。
 当日天気は下り坂(実は先輩も雨男なんで)、仕方ないよなーと思いつつ準備をし備えました。しかし、朝になるとなぜか晴れておりウキウキ気分で港に到着し船長さんに挨拶をすませると『上物や、チャレンジャーやね』と言われ、やっぱりまだまだ時期的に早いのかな〜と思いましたが、足裏クラスでも釣れれば十分と自分に言い聞かせ、船長さんが降ろしてくださった、『マカドノハナ』という地磯で、底物をする先輩も一緒に降りました。
 降りてすぐに荷物を安全な場所に運び、マキエの準備をします。今回は午後1時までとして、オキアミ2角、マルキユー・V10を2袋、グレパワー1袋、パン粉4キロを準備しており、その半分を遠投がきくようにしっかり混ぜ合わせ、次は仕掛け作りに取り掛かります。竿はシマノ・ファイアブラッドハイドロスコープ、リールがシマノ・ツインパワーC3000、道糸1.7号、ハリス1.7号、ハリはオーナー・速手グレ6号、ウキは遠矢グレスペシャル100の00号で浮かせ気味でスタートすることにします。


 船付けに釣り場を構え、足元にマキエを撒くと、オヤビッチャの大群が現れましたが5分ほどマキエを撒いていると、エサ盗りの中に、コッパグレではありますがチラチラ見え始めました。潮は左から右のほうに流れているようで、先輩いわく、上げ潮が入っているとのこと、気合を入れて潮上に撒き餌を打ち、その周りを釣る感じで始めましたが、釣れるのはオヤビッチャやコッパグレで、たまに釣れる手のひらクラスをポツリぽつりとキープしていきます。


 10時ぐらいになり、2回目のマキエを作り直していつもの奥さんの手作りおにぎりを食べて休憩します。今回はおかかを混ぜたご飯に私が仕事で作っている豚味噌を具にしたものと、ネギ入り卵焼きで感謝して食べながら、先輩の石鯛釣りを見学します。
 先輩も手返しを繰り返しながら頑張っていますが、餌盗りばかりで本命のアタリはないとのこと。15分ほど休憩し、またリリースを繰り返しながら釣りを再開しました。


 11時頃になると、沖にあった潮目がだんだんと近づき始めました。マキ餌を潮上に打ち、その潮目をダイレクトに狙うと一発目できれいにウキが入り、タモに収めたのは30cmぐらいの尾長グロ。すぐにスカリに入れて次を狙いますが、その後はエサ盗りとイスズミで上手くかわすことができずに終了となりました。先輩も、本命のアタリのないまま一緒に帰ることになりました。


 今回も自分の力量不足で型のいい魚は釣れませんでしたが、焼酎の肴はしっかりキープしたのでいいかなと感じました。この号が販売されるころはもっと伊座敷の方も釣れていると思います。今年も秋磯しっかり楽しみたいです。

■使用渡船『海希丸』岩戸良文船長
TEL 090-8764-5457

トップへ戻る