WEBフィッシングレポート
2012/10〜11月分


30cm強の真鯛(弟)


35cmの良型チダイも


常連の方にヒット!


良型ゲット!

またまた良型!

女性もサラリーマン(ん?)も


いい笑顔です!


この方、この日が鯛ラバ初とのこと
ですが、釣っちゃいます!


この日の全員の釣果
(私は右下3匹のみですが…)

 徐々に季節風が強い日も多くなるが、錦江湾は多少の風なら逃げ場も多く、これから冬場にかけても色々と楽しめる釣り場です。
 今回は、その錦江湾で手軽に楽しめるラバージギングでの真鯛狙い、通称『鯛ラバ(ージギング)』に出かけました。ルアーの1種である鯛ラバ用の仕掛け何種類かとロッド、リール、クーラーだけあればよく、道具も少なくてエサも必要ないので、かなり手軽にできる釣りです。
 今回お世話になった『ゲームボート日登美丸』さんにはレンタルタックルもあり、本当に手ぶらでも釣りができます。


釣行日は10月下旬〜11月初旬 2タイム!


 釣行当日は午後からの出船とあってか、晩秋とは思えないほどの陽気で船上は汗ばむほど、波もなく快適です。今回の釣り場も鹿児島港から出港して数分と近め。


鯛のラバージギングの釣り方


 鯛のラバージギングの釣り方は、まず仕掛けを海底まで落とし、15mほど一定の速度で巻き上げて、アタリが無ければまた落とします。これを数回ほど繰り返し、そして、一度巻き取ってまた落とす…これだけの繰り返しです。これで真鯛などが喰って来ます。
 その間、アタリがあっても慌てず同じペースでリールを巻き続けることがこの釣りのコツです。ドラグは最初緩めに調整し、魚が走るに任せておき、そのまま魚の反応が続いたら軽くアワセを入れるか、ドラグを徐々に締め込みながらラインを回収に掛かります。ある程度は、あまり慣れていなくても簡単なので、初心者が大釣りすることも実際、珍しくありません。もちろん慣れてくれば、アタリからアワセの間のスリリングなやり取りが楽しめるようになりますよ。


 さて、まずはアタリが出るまで黙々と釣り続けます。このエリアでは、秋から初冬は25〜40cmのやや小振りサイズの鯛が多いようですが、アタリは比較的ハッキリ出ますし、群れに当たれば数も期待できます。
 しばらくして、船上ではアタリが出始め、まずまずの真鯛が取り込まれ始めました。そして、ようやく私にも竿先をリズミカルに叩く『コンコン』という感じのアタリが来ました。かなり緩めのリールドラグ調整でしたので、スプールからラインがが逆転して行きます。それでもそのまま少しずつ巻き取れるぐらいずつドラグを絞めながらゆっくりやり取りします。そして、まずは30cm強の真鯛をゲットしました。


 その後もポツポツとアタリが出て、この日は28〜35cmを5匹の釣果で飽きない程度に楽しめました。
 また、福岡から来ていた弟の実貴も、この日は35cmほどのチダイなど3匹の釣果でした。このチダイ、ここ錦江湾に多い真鯛の近縁種ですが、平均30cm迄が多く、あまり大きくならないのでこのサイズは珍しいと思います。


再挑戦!
 数日後、仕事に休みが取れたので、日登美丸さんに電話を入れると、午後便に空きがあるとのことで早速渡船場へ。
 この日は前回と違い、北西の季節風が強い日で、結構な冷え込み。ウインドブレーカー2枚重ねでようやくという感じでした。これだから晩秋はあなどれません。
 そんな強風下でも竿が出せるのが内湾たる錦江湾の強み。難なく釣りが出来ました。
 まず、鯛ラバでのアタリでは珍しい高めのタナでの引ったくるようなアタリが来ました。結構な引きを楽しみながらあげたのは45cm程のまずまずサイズの真鯛でした。珍しいドクロヘッドの鯛ラバでのヒットでした。
 その後、30cmクラスを数匹追加しましたが、同船の方は一人で25〜40cmを11枚と大釣り! それに20代前半の女性も2人おりましたが、なかなかのウデで、バンバン鯛をヒットさせておられました。

 錦江湾の鯛ラバはほぼ1年中楽しめます。今後は単発ながら型も期待できるので楽しみですよ。



日登美丸(携帯090・6776・6930 錦野船長)

鹿児島港出船(ブログ


トップへ戻る