WEBフィッシングレポート
2012/3月分


近島全景

近島『平瀬』全景

『平瀬』近景

釣り座右手方向

左手(沖に双子島を望む)

誰の釣果?

私の釣果(全て瀬際でヒット!)

私の使用ロッド!

仕掛け(昼)
ロッド
ダイワDXRメガチューン1.35号
リール
ダイワNEW TOURNAMENT ISO Z競技
道糸
アストロン磯 グレイトサードギア1.85号
ハリス
2号→1.5号 
ウキ
釣研ツインフォースタナ(B)
→ツインフォース沈め
潮受
釣研からまん棒
ガン玉
ゴム張りガン玉B〜G5
状況に合わせ段打ち
ハリ
がまかつM system/グレ口太速攻6号
    鬼掛極軽グレ4号〜3号 


釣行日:3月中旬


 皆様お元気ですか?  わたくしは釣行日に時化!時化!時化!…よって渋い釣果ですっきりしない日を過ごしております。爆釣した後は数日の間元気いっぱいなのですが…。
それでは渋い日のレポートです。

 今回は、阿久根新港より久丸さんにお世話になり甑島の里へと向いました。 前回はコゴ瀬で口太グレの釣果34枚(南のつりウェブサイトのWeb釣行記参照)、2人で60枚以上の爆釣を堪能、今回も期待膨らむ中、今回の釣り場、近島へと到着。 ただし当日はコンディション最悪で多少でも風裏にと平瀬へと降ろされることに…。
 船長より丁寧に平瀬のポイントの説明受け、夜明けまで温かいコーヒーを入れしばしの休息。
 今回のマキエは、アミを余分に入れて寒のグレを刺激する作戦です。たいした策ではありませんが状況によってはこのアミで命運が分かれることもあります。 オキアミは半分を刻んでおきました。 ツケエはオキアミの生と加工エサに手作りのムキミを準備しております。
 朝6時辺りからマキエを丁寧に撒き始め、流れを見極めてポイントを絞ります。右から当ててくる潮が私の真下で跳ね返り左沖へとでている様です。ただし、左からの強風によりウキと道糸が押し返されてしまいます。
 棒ウキは全く使えない状態ですので、水中の潮にしっかり乗せる必要がありました。直ぐに取り出したのはツインフォース。このウキ、投入前は1個の円錐ウキであり、投入すると水中ウキとアタリウキの上ウキに分離する優れものであります。 3ピロの位置にウキ止めを付け、上ウキがウキ止めに当たるとアタリウキがじんわり沈むツインフォース沈めサイズM/Bを選択しておきました。
 その後このウキから見事に潮流の情報が得られました。
ナント『3枚潮』!!  簡単に説明するなら、表層10pは強風で右スベリ。その下、中層は左沖へ。3ピロより下の底は当て潮…と潮は分かり辛くふにゃふにゃ流れとりました。 おかげでハリスが巻き付きもつれていたりするわけです。 の上突風は容赦なく吹き付け、ロッドを両手でギュッと強く支えなければならないほどです。 細かなライン操作は不可能。
 文頭で渋いと書きましたが、朝から3時間の間付け餌に全く変化が見られなかったのです。 「まさかのノーフィッシュか?」と頭の中にマイナス思考が駆け巡りました…。
 マイナス思考に陥るまでに思いつく限りの手を打ってみたのですが一切エサを触りません。深くも浅くも変化なし。 最後の一手として、右からの当て潮に乗せてそのままベタ際へと攻めてみました。


 さてみなさま、この文の流れだとこの攻めで「フィーッシュ!」釣れましたよと書きそうですよね…。
 しかし、現実は儚きものその時掛ったのは「ローック!」。岩でした…。
 正直泣きたかった…。前回30枚の良型グレだらけだったのに。
潮替わりを向えても当て潮のまま、流れの変化も無く無常なまでに自然は厳しくありました。 ただ平瀬はとても広くあるので、本命ポイントを捨てて右へ右へと釣座を移動することが可能です。 ダメ元で右へ移動を開始しました。
 が、しかしです、超巨大な一枚モノのサラシが一面幅を利かせており、やはり際にしか投入箇所がありませんでした。サラシの払い出しまで大遠投も致しましたが、強いサラシに道糸がもまれ釣りが不成立。 また、すごすごと元の釣り座に戻って際を攻めました。
 相変わらずエサには変化が出ません。船付け左手の小さなワンドも同じく当て潮で根が掛りばかり。
 ただ魚はいたのでした! 際のどこかにチョコンと入り込んでいるようで執拗に際を狙うと餌に変化が出ました。
ホンの数投に1回あるか無いかという小さな変化でしたが、「絶対グレだ!」と信念で根掛りに真っ向勝負!!
 さあここです。この後です。待望の口太グレがヒットしたのです。価値ある1尾とは正にこれなんですね。ベラかアラカブか根掛りかグレか、こんな状況下40cm弱ではあるもののグレが1枚2枚3枚と釣れ出しました。 全て際でした。
 結果6枚で終了、朝から竿2本ほど沖にゴポンゴポンとデカイ魚が右へ左へと暴れておりまして。これが原因か当て潮が原因か、わたくしの頼りない腕ではここまで。


 その朝から海面を揺らしていた巨魚ですが、サメでした。沖へ入れてもツケエに変化が出ないはずです。 …とか何とか言い訳はするものではないようで、サメや当て潮にしか目が行かないでいると周囲の当て潮とサラシおさまっていることに気付かず仕舞い。
 何と、お隣の瀬から歩いて来たベテラン釣師は、サラシの払い出し付近であっさり肉厚の40cmUP口太グレをゲット。これだから釣りって判りません、今までの苦労はいったい…。よーし次回から言い訳やーめよっ。どんな時もプラス思考で参ります。次回は宇治群島へ予定しておりますが…さて。
 ではまたお会いしましょうネ。

トップへ戻る