WEBフィッシングレポート
2012/6月分


今回使用したマルキユーの
チヌ用配合エサ





40cmのチヌをゲットした竹本さん


今回の私の釣果


宮崎港へのフェリー入港風景


 5月の連休を過ぎるやいなや気温が30度を越す日が続いております。梅雨入りもまだと言うのに夏が目の前までやってきております! 本誌が発売される頃には『梅雨に入っている??? 明けたかな???』という頃と思います。
 さて今回は、宮崎市の宮崎港(私のホームグラウンド)に行ってみました。キビレチヌの出るポイント、数は出ませんが型が期待できるポイント、クロの出るポイント…と、いろいろありますが、風や波の影響もあるので朝まで待って決める事としました。


〜大丈夫かな?〜


 一昨日より晴れてはいるものの風が強く、低気圧の通過した影響で外海は荒れ模様、予報では北東から東の風5m、天候は、曇りのち晴れ、降水確率20%、波は1.5mから1m。しかし夜中から北の風が強く、大丈夫かなと思いつつ、宮崎港の水門を越え、大淀川の出口付近にあるテトラを見てみると、なんと2.5m以上はあるではありませんか。波がテトラを越して白波状態…(泣)。5時に待ち合わせをしていた竹本さんと協議した結果、風裏のゴロタ石、コンクリート横で竿出しする事にしました。普通なら断念するところですが、最近釣りに行けない私は(わが社のNo.2が入院しているので…)仕事量も多くなり休みもなかなか取れない中、なんとか午前中でも竿を振りたいとの一心で朝5時40分に釣り座に到着。しかし、内湾でもバシャバシャ状態風の力はスゴいもんですね〜。


まき餌、仕掛け作り


 早速、配合エサと仕掛け作りに取り掛かります。今回の宮崎港はウキ下1本、少し遠投ポイントで竿を構える予定です。 比重、エサ盗り等を考えて、マルキユーのチヌベスト1袋、MP1袋、オキアミ半角で半日分とさし、遠投なので少し硬めに仕上げます。ツケエは、エサ盗りの多い今からの釣りには欠かせないマルキユーのくわせダンゴ、オキアミボイル、生オキアミ、
 仕掛けは、竿がシマノ臨海スペシャル0.6号、リールは、シマノハイパーフォース3000DHC、道糸はオーナーのザイトフラッシュRX1.75号、ハリスは、オーナーのザイト磯フロロ1.5号、ハリはオーナーのカットチヌ2号としました。ウキは、勿論、遠矢ウキSP100-3Bとしました。状況に応じて変えていく作戦とします。


!ピンチ!


 釣り座は、左より、竹本さん、私はテトラみたいなコンクリートの上から釣る事にします。潮はゆっくりと右流れ…。マキエを数杯入れると海面には小さい魚が群がっています。やれやれと思いつつ、まずはオキアミが持つか試してみます。仕掛けを投入し少し待って回収すると、オキアミは無く、素バリで返ってきます。タナを浅くして正体を探ってみます。
 3ヒロ位にし、ハリもカットチヌの1号に変更して仕掛けを振り込むと、綺麗に遠矢ウキSP100が押さえ込まれました。上がって来たのはハナタレエバ、次に上がって来たのはサッパ、手が付けられないので、一時休戦して朝食としました。

 

     こんなところに
コーヒーも飲んで、気を取り直したところで、くわせだんごとオキアミ、パン粉を小さくまるめた餌を針につけます。足元にマキエを集中して仕掛けを遠投して仕掛けがなじんだ瞬間に遠矢ウキが海面よりなくなりました。あわせを入れて竿にのった重量感はたまりません、「これは大きいぞ」と頭の中は、50センチオーバーを採った気分・・・ところが、コンコンと首を振る感じもなく、そのまま根にはりつかれてしまいました。少しラインを緩めて待ってもでてきません。悔しい気持ちを抑えつつ、ハリスを切ります。「今度は採ってやる〜」と竿を0・6号から鱗海の1・5号に、ハリスを1・5号からオーナーのザイト1・7号にパワーアップ、再度仕掛けを振り込みます。何投かしたところで、アタリがあります。「今度こそ」とゴリ巻き作戦あがってきたのは、30センチ程のクロ「やっぱりか〜」とおもいながらスカリーのキープ、同じ要領でもう1匹追加したところで、アタリが止まります。


いよいよチヌ参上!


 チョイと左側で釣っていた竹本さんを見ると、竿が大きく曲がっています。「来たよ〜!」、腕を大きく上に上げてゴロタ石にハリスが当たらない様にやり取りしています。『さすが長老は違います!(ごめんなさい)』。ようやく取り込んだのは、本命40cm程のチヌ。笑みが出たところで「ハイチーズ」。
 これから、これから、と釣り座に帰って竿を振ります。すると遠矢ウキが「モゾ〜」。すかさずアワセを入れると、上がって来たのは残念ながら潜水艦(ボラ)でした…(泣) 。
 先程より流れが速くなってハリスが馴染んで無いとみたので、ハリの上にゴム貼りガン玉の5号を追加します。
再度仕掛けを振り込むと、遠矢ウキが一瞬に海面から消えました。心地よい「コンコン」とした引き具合、『チヌかな〜?』。上がって来たのは30cm程のメイタ。やっとの思いで本命をゲットする事ができました。
 もう一枚追加して合計2枚…。時計を見ると12時。潮も引いてきたので納竿としました。


最近の宮崎港は数はあまり出ませんが、50cmオーバーが上がっているみたいです。チヌ釣りファミリーフィッシング皆さんも一度いかれてみては如何ですか?


遠矢ウキ取扱・エサ・周辺の情報 …フィッシング海友 
(宮崎県児湯郡高鍋町)
携帯090・8288・8105
遊魚船 志帆丸(日向市梶木港 )
詳しくは、携帯PCより「志帆丸」で検索
携帯090・8288・8105  松浦店長まで

トップへ戻る