WEBフィッシングレポート
2012/6月分


大瀬向きの釣り座




使用したつりまんの集魚材


4/28の釣果


46cmゲット!




5/1の釣果

4/28(土)小潮 (干)5:23 (満)10:57(坊泊)
5/1(火)長潮 (干)9:39 (満)15:39(坊泊)


 4月28日(土)  G/W初日、気が付けば南薩久志へ車を走らせる私が居ました。 この日は一人での釣行、6時に出港し、私は大瀬の手前の『かつめ瀬』へ瀬上がりしました。
 本日はクロ狙いと決めて来ましたので、マキエは沖アミ生2角、つりまんのスーパー全層グレ遠投2袋をベースに午後3時迄を2回に分けて使用しました。 松風の時任船長の話ではメジナは見えるものの口を使わず厳しいとの事でした。 仕掛けは竿1.25号、道糸ハリスキザクラ2号、ウキはキザクラZワンダー00号、ハリは金龍尾長4号をセットし7時前より船着けの右横でスタートします。


 1投目、馴染みが悪く仕掛けが入らないので景山産業のラバーコートがん玉7号を打ち、2投目2本弱入った所でバチバチと糸が弾けました。感覚から良型のメジナを確信してやり取りしますが、魚が視界に入った所でフッと軽くなります…ハリ外れのバラシ、目測45cm程あったので残念です。
 次も同様に流し、竿2本程でまたまたバチバチの体感ショックのアタリ、竿を立てるとやけに突っ込みます。メジナでは無いようです…。タモ入れしたのは40cm弱の縞鯵の子でした。
 その後アタリが無くなったので大瀬向きに釣り座を変更し、上げの緩い潮に乗せ竿1本程でようやく35cm程をキャッチ出来ましたが、後が続かず潮も動かなくなってしまいました。釣り座を転々としますが何処も動かずアタリも出ません。


 昼食を早めに済ませ釣りを再開しますが潮はフラフラの状態です。クロらしきアタリは出ず、際でニザダイがアタッたのみでした。 午後1時過ぎよりゆっくり右へ潮が流れ出したので再度大瀬向きの先端へ移動します。
 暫くするとマキエにクロが乱舞! 竿1本程に結構な数を確認出来るのですが、アタリはわずかに道糸に出るだけ、何とか35cm程を2尾キャッチ出来ましたが課題の残る釣行と成りました。
 魚は居るのに(見えるのに)釣り切れない…。ストレス発散のつもりがストレスが溜まります。


 5月1日(火)もまた久志へ。この日はメンバーの窪君、会長の新増君と私の3人です。
 定刻の6時に出港し右方向へ走ります。毎回船長任せなので今日は何処かなと思いきや、今回もかつめ瀬、降りる際に船長より「山下さんリベンジですよ」と一言。 マキエは4月28日と同様(午後4時迄)。仕掛けは竿1.25号、道糸ハリスはキザクラ1.75号、ウキZワンダー00号、ハリは金龍の尾長4号を結び、今回も7時前よりそれぞれ釣りを開始します。


 下げ潮がゆっくりと左へ流れています。釣り座は船着けに窪君、その右に新増君、一番右側に私が入りました。
 開始早々、窪君に洗礼の1発強烈なアタリがあった様で、「いきなり道糸からやられました」と。その後、新増君にアタリがありましたが尾長の様でチモトを切られましたが、すぐに尾長の38cmをキャッチ!良型の尾長も居るようです。
 クロもマキエに反応し、かなりの数が確認出来る様になりましたがなかなか口を使わないのかアタリは出ません。 前回(28日)と同様でクロの層より深く入るとツケエが残って来ます。 クロの見える層は3ヒロ程ですが、それよりも浅いと思いG7のガン玉を外し、1ヒロ半からゆっくりと入れていきます。
 これが良かったのか、すぐに35cm、40cmを取り込みましたが、その後が続きません…。


 その後ハリス(1.5号)、ハリ(金龍尾長3号)を落とし10時前にようやく3尾目、本日最大の46cmをキャッチ出来ました。


 窪君、新増君は見回り便で瀬替わり、私はここで頑張ります。
 1人になった後直ぐに30cm程は取り込みましたが、その後は魚も見えなくなりアタリも出ません。
 昼食を済ませ再開しますが、潮も流れず魚も見えずアタリも皆無状態が小一時間程。暫くすると潮が右へ流れ出します。ようやく際にクロらしき魚影を確認出来る様になりました、それもデカイ。
 際へ仕掛けを入れ、2ヒロ半程入った所でようやくアタリが出ます。アワセを入れると重量感と鋭い突っ込みが! 何とかしのぎ魚が見えて来ました。目測50cm程のクロです。しかし次の瞬間、チモト切れのバラシ…。良型の尾長だったようです…。
 その後数投目、潮に乗せて流しているとZワンダーが気持ちよく入って行くアタリが出ます、アワセを入れると、これも良型の様ですが、連チャンでチモト切れのバラシ…残念です。その後35cm程は取れましたが、良型はことごとくバラシ。腕の無さを痛感しました。


 時刻は14時半。それから暫くして、マキエにクロの乱舞が始まりました。地合到来僅か30分程でしたが30〜37cmを7尾追加する事が出来ました。 短時間でしたが久しぶりに入れ喰いを堪能出来ました。


 これからの久志は、梅雨グロは勿論の事、良型の尾長も狙えます。6月より夜釣りも解禁となりまだまだ楽しめそうです。


(追記)現在、松風はドッグ入りしているようです。6月末には瀬渡しを再開出来るとの事です。詳しくは直接船長までお問い合わせ下さい。
(久志博多浦港:松風:時任大輔 電話090-5388-3498 )

トップへ戻る