WEBフィッシングレポート
2013/2〜3月分

雄大な船間の磯。真ん中は好ポイントのゲンガ島


船間での釣果はヒラゴのみ。でも美味!


野間池鵜瀬の北側の釣り座、
遠景はオノグロ瀬、その奥は野間岬


この日、石鯛狙いだった稲田さんの
釣果は大型へダイ&アカジョウ


[船間でのヒラマサを掛けた
ときののタックル]

ロッド 
シマノ 極翔磯1.25号5.3m

リール 
シマノ BB-X Type2 2500D

道糸1.85号

ハリス2号3m

ウキ
釣研 カットどんぐり2B

ガン玉
B×1 G5×1

ハリ
がまかつ
M system/グレ口太速攻6.5号



久々の船間訪問、しかし…


 ここ数年、私の釣りの振り分け8割が船(鯛ラバ)かソルトルアーになってしまい『こりゃいかん!』と、今シーズンは磯フカセに専念するつもりでしたが、クロが絶好調だった昨年末から2月半ばに計画していた釣行はことごとく悪天候で中止の憂き目に…。
 2月下旬には、やはり野間池予定が渡船欠航となり、どうしても我慢できないという友人の水口くんと風裏となる大隅半島の船間へ数年ぶりに釣行することに。
 しかし、前原船長(加奈丸)によるとあまりいい状況ではないとのことで、案の定苦戦。一日中クロらしきアタリは無く、瀬際でサンノジを掛けたぐらい。
 しかし沖の潮目を探ってたときに強烈なアタリで止まらない魚がヒット! 一気に100mぐらいラインを引き出されたものの、沖へ走ったのでクロやオナガではないと直感…たぶん青物か、真鯛だったらいいな…と思いながら、スリリングな長めのやり取りとなり、結構バテ気味でようやく寄せた魚は瀬際で白く光ります。
 正体は70cmオーバーのヒラゴ(ヒラマサ)でした。ライン2号にロッド1.2号、それに小さなグレバリでよく寄せられたなぁ〜という感じでした。ちなみにフカセで釣ったヒラマサはこれで3枚目、どんどんサイズアップしてます。ルアーでは最大60cm強しか掛けていないのに…何故フカセにばかり良型がヒットするのか…?
 結局この日はクーラーにこれ1匹のみという結果。水口くんは一度も竿が曲がらずテンションだた下がりでした。私としては昔からお世話になっている前原船長に挨拶がてら久々の雄大な磯の風景が見れてよかったのですが・・・。


期待のクロ好調、野間池へ、しかしここでも…


 3月に入りどうにか平日に休みが取れたので最後のチャンスと、ようやく野間池へ。釣り場は野間池裏の港沖にある鵜瀬(大瀬)。私は北側の釣り座に一人で降りますが、流れがハッキリしない上、エサ盗りもおらず、色々と探るものの、ツケエが全く盗られず何かイヤ〜な予感が…。
 上げ潮時になりようやくよさそうな流れになり、ここでのベストコンディション、20m程沖で流れがヨレる場所が出来、これがここではベストポイントになるので、さっそくそこを集中して攻めます。
 するとすかさず反応が!  しかし引き方が…瀬際でギラッと光る魚体、この時季の野間池名物、ヘダイでした。
 ちなみに私、ヘダイがヒットした時は竿のタメだけでやり取りしラインをほとんど出しません。レバーブレーキは引いたままで、スプールドラグを少し緩めただけの調整でかなり強引にやり取りしますので、掛かりどころが悪ければハリが伸びてしまいます。
 今回もこの後6連続でヘダイのアタリが出ましたが、取り込んだのは4枚のみで2枚はハリ折れと伸びでバラしました。まぁ確信犯ですが…ハリの強度を知るのには役立ちます。
 こういう状況でしたので、この日は夕方まで延長予定だったのですが、昼前から南西からの風が吹き始めて波が出て来たので14時上がりとなりました。
 結局この日はヘダイのみの釣果でした…。でも大きいのは1.5kgはありなかなかのサイズでしたで、産卵前のまだキレイな魚体のヘダイはかなり美味なのでいいお土産にはなるのですが、やっぱりクロが釣りたかったです。
 同じ鵜瀬で石鯛を狙っていた稲田くん、赤貝ではやはりヘダイ2匹だったそう。でも高級魚アカジョウをゲットしてました。


 クロが産卵に入って喰わなくなる頃になると、石鯛がそろそろ上向いて来ます。クロはもう諦めて次回からは私も底物にシフトでしょうか?  しかし、たぶん、鯛ラバ三昧だと思いますが…。

TOPへ戻る