WEBフィッシングレポート
2013/5〜6月分

釣り座A


釣り座B


大物と格闘中!


日高さんも好釣果


私の釣果


お世話になった進栄丸
 
フィッシング海友には
オーナー製品がいっぱい



 鮎解禁の知らせも季節をかんじさせ、いよいよ梅雨グロも本番、そろそろ良い頃合かと、進栄丸の汐月船長に電話をすると、「型は小さいものの30cmクラスがぼちぼちでているとの事」。
 それでは、行くしかないでしょうという事で、8日(土曜日)、雨の合間を縫って、クロを求めて大分県鶴見に向いました。鶴見一帯は各メーカーの釣り大会、県外からの遠征、各取材等、全国でも屈指の好釣場、夢の舞台、今回も高まる鼓動を抑えつつも、どんなドラマが展開されるのか楽しみです。


配合エサ・仕掛け


 この日、渡礁させて頂いたのは、大島の南に位置する「枯松」と呼ばれる瀬、主に底物ポイントとして知られています。
 時計を見ると4時、遠矢流メンバー日高さんと一息してから釣り座を決めます。足場、ハリ根、取り込み等々を考えて北東向きで少し高台のAポイント、南東向きに船着けをBポイントとして選択。 次に負け作りマキエ作りに取りかかります。今回は特にエサ盗り対策を考慮しつつ(潮が走れば分離可能ですが)オキアミ半角を潰してバッカンに入れマルキューのグレパワー半袋と最近お気に入りのグレ500を一袋とパン粉1.5kgをまぜまぜして、残った原型のオキアミ半角を上にのせてできあがりです。
 バッカンの中は、半分を硬めに、半分は軟らかめ、これで、一度にして3種類の配合餌の出来あがりです。
 次に仕掛け作りに取りかかります、竿がスパイラルX搭載のシマノ・プロテック1.2号、リールはシマノBB-XハイパワーフォースMgC300DHC、道糸はオーナーザイトフラッシュRX1.5号、ハリスは、オーナーのザイト磯フロロ1.7号を朝マズメ2ヒロ半から昼間は1ヒロ、針は、オーナー、競技グレ5号から4号、 ウキは勿論、遠矢ウキSP100-16の000号から探っていき、梅雨グレ特有の浅いタナで捕食するようであれば遠矢うきZF120大-0号に変更する予定です。


釣り開始


 海の状況は、波1.5m少しうねりあり、水温17.5度、潮流、下り〜上り〜下り、大潮一日目、風向き南東3〜4m。
 海に一礼して「よろしくお願いします」と第1投目、Aポイントに私、船着けのBポイントに日高さんが入り本日の始まりです。下り潮なので、多少悪い予感がしますが、鶴見パワーでカバーしてくれる事を信じて仕掛けを振り込みます。
 ところが・・・数投してもオキアミのお目目パッチリ状態で仕掛けがか返ってきます。
 1時間程して海の流れが、沖に向けて変化してきました。チャンスとばかりに、マキエを多めにして、2ヒロと遊動部分を10cmとり、振り込むと無反応、仕掛けを回収すると、オキアミがなくなっていました。それならば「オーナーのなるほどウキ止め」を1ヒロ半まで、移動して、遠矢ウキとカラマンボー(オーナーのスクラムラバー)を固定して、繊細なアタリでも捕れる様に変更して仕掛けを振り込みます。


爆・釣・確率変動


 私の釣座では、右からの風の影響で、仕掛けを振り込んだ瞬間にラインを張り、水面に穂先を着水しないとラインを風に持っていかれるので、その要領で仕掛けを流します。竿3本先程で遠矢ウキが微かに押さえ込まれました。取り込んだのは口太グレの30cm。「よっしゃ〜」とミニガッツポーズ。同じ要領で仕掛けを振り込むと同型のサイズがあがってきました。
 数投すると潮の流れが早くなったので、足下にマキエを入れて、クロが沖にでない様に「釘づけ」作戦をとります。
 すると、ウキが見えるか見えないか?のところで、ラインを弾いて、出ていき2枚追加。
 今度は、鏡潮が発生、アタリ潮になってきたので、潜り潮にのせて流し込むと、ラインが走り3枚追加。次に、アタリ潮が右前から突っ込んでくるので、右斜め前にフル遠投して足下で3枚追加。
 ここで、日高さんも数枚釣果がでているものの、納得がいって無い様なので、「タナは浅くて、潮をよ〜く見て、マキエと同調していないと喰わないよ」とアドバイスすると、1投目にして40cm弱のクロを仕留めています。さすがですね〜
 ここで、Bポイントに代わります、ここでは、潮がゆっくりと左横へ上っていきます。船着けという事もあり、ハリ根も無く少し右側に沈み瀬があるものの大丈夫でしょう。
 数投すると餌採りが出てきたので、潮手前にマキエをして、おまけに風も少しでてきたのと、釣り座も低いので視認性の高い遠矢グレZF120-大-0号に変更して、ゴム貼りガンダマのG6をサルカンの上に付けて投入すると、海面からトップを少し押し込むアタリ。アワセを入れると本日最大の手ごたえ。取り込んだのは46cmの口太グレ、お蔭でお昼までに24枚の釣果をだす事ができました。 午後から下り潮に変り、ポツリ、ポツリ、と拾いながら、35リッタークーラー満タン。日高さんも2桁の釣果で、鶴見釣行を終了しました。


 今後は、梅雨グロの活性も更にヒートアップして数釣りが楽しめますので、一度足を運んでみては如何でしょうか?


■鶴見一帯渡船:進栄丸 汐月船長 (地松浦港)
       携帯090-5299-6893

■遠矢流宮崎事務局/遠矢ウキ取扱・エサ・周辺の情報 
 フィッシング海友(児湯郡高鍋町 )
 遊魚船 志帆丸(日向市梶木港 )
※詳しくは、携帯PCより「志帆丸」で検索
■問い合わせ :携帯090-8288-8105  松浦店長まで

TOPへ戻る