WEBフィッシングレポート
2013/6〜7月分

〜大会日時〜
平成25年7月14日(日)
〜参加人数〜
26名
〜受付・表彰会場〜
速見丸待合所(大分県 鶴見)
〜大会場所大分県〜
鶴見湾内一帯の磯
〜対象魚〜
グレ(25cm以上の9尾までの総重量)
トーナメント方式

優勝の橋本敏昭選手


 平成25年7月14日(日)、『第1回マルキユーM-1カップ全国グレ釣り選手権大会及び2013 第3回ゴールデンカップグレin九州のMFG九州枠代表決定戦』が大分県鶴見湾内一帯で開催されました。 これは平成24年11月4日(日)に開催された第6回MFG九州グレ釣り選手権大会で上位に残った27名(当日は欠員が出たため26名)のMFG会員によって『第1回マルキユーM-1カップ全国グレ釣り選手権大会への出場1名及び2013 第3回ゴールデンカップグレin九州』への出場2名の枠をトーナメント戦で競うというもの。
 当日は天候にも恵まれましたが、猛暑の中での体力的に厳しい競技となりました。


 1回戦は3名(1組2名あり)ずつ9組に分かれ対戦し、全ての対戦がグレの釣果によって勝敗が決まった。
 2回戦へ駒を進めた9名は3名ずつ3組に分かれ対戦。若干状況は悪くなったものの2回戦でもすべての対戦でグレの釣果があり勝敗が決定した。
 2回戦を勝ち上がった3名は白崎1番で決定戦を行った。猛暑の中、体力的にも厳しい状況だったが、各選手きっちりとグレを仕留めていた。


 第1回マルキユーM-1カップ全国グレ釣り選手権大会出場権を獲得したのは橋本敏昭選手の1名、『2013 第3回ゴールデンカップグレin九州』出場権を獲得したのは黒木誠選手、山口真智子選手の2名だった。
 今回の大会は、猛暑の中での競技ということで釣技だけでなく体力も重要な要素となる大会でした。


※結果表

 

氏名

住所

決勝戦  総重量(匹数)

優勝

橋本 敏昭

宮崎県

3,500g(7尾)

2位

黒木 誠

宮崎県

2,130g(2尾)

3位

山口真智子

熊本県

910g(1尾)

TOPへ戻る