WEBフィッシングレポート
2013/6〜7月分


綺麗な真鯛ゲットされた常連の方


雨の中、良型をゲットされた同船の方


オーシャンルーラ−の鯛ラバ、
『ニューハーフ』


ハイブリット一つテンヤで釣れた
ハタ。カニやイカがベイトのようです。


今回使用したオーシャルーラーの
一つテンヤ『ひとつぶらぶら』
装着したのはエコギアアクアの
『スイムシュリンプ』

梅雨好機〜初夏の錦江湾は気まぐれ…


 6月も2回、錦江湾内の鯛ラバゲームに出掛けましたが、この時季は水温も上がり、魚探の反応もかなりよく出ていましたが、潮具合なのか、他にも理由があるのか、鯛のラバージグへの反応が芳しくありませんでした。
 全て、朝マズメ〜お昼までの竿出しでしたが、お世話になった日登美丸さんによると、午後〜夕マズメの方がアタリが頻発していたそうで、アタリが出れば連発で2kgぐらいまでの真鯛がヒットしていたそうです。その時期に限って個人的な所用もあり、どうしても午後からは釣りができなかったのが残念でした。
 よって、6月は真鯛ゲット『0』というお恥ずかしい結果となってしまいました。折しも、オーシャンルーラ−から発売されたばかりの鯛ラバ『ニューハーフ』を試してみたかったのですが、どうやら7月以降に持ち越しとなりました。
 それでも 、その間に同船された方々は1〜2kgほどの綺麗な魚体の『夏真鯛』を釣り上げていらっしゃいました。何かのきっかけさえあれば、喰いは向上してきそうな雰囲気はします。
一つテンヤの練習に専念してみました

 その間、私は一つテンヤも試してみたくなり、7月上旬の釣行では船も水深20m前後と浅場をメインに攻めるというので、専念してやってみました。まだそれほど経験もないので、夏〜秋の一つテンヤの好季に向けて練習でもあります。
 用意したのはこれも、オーシャンルーラーから最近発売された『ひとつぶらぶら』を使用。名前の通り、オモリ部分がセパレートになっていて、取り外しができるので、状況に応じてオモリのみ交換がスムーズにできます。エサはエビは使用せず、マルキユーエコギアの『アクア・スイムシュリンプ』を使った、いわゆる『ハイブリット一つテンヤ』をやってみました。エサの管理が容易でいつでもテンヤ釣りができるので便利です。もちろん、エビに負けないぐらいアタリが出ます。
 基本動作は、底を取ったら竿をあおってテンヤをリフト&フォールで誘いますが、あおりを2段、3段としてみたり、テンションフォールやフリーフォールで落とすスピードを調整してみたり、また、鯛ラバのように『巻き』で攻めてみたりと色んな動作を試してアタリを探ります。
 すると、ゴツゴツと叩くようなアタリ、フォールでいきなり引ったくるアタリ、巻きの途中で持ち込むアタリなど色んなパターンでアタリが拾えましたが…これはほとんどがこの時期活性の高い、オウモンハタ。20cmぐらいの子供サイズから50cm程のまずまずサイズまでがよくヒットしました。また、たまにアラカブもヒットします。
 残念ながら今回は真鯛はアタリが出ませんでしたが、なかなかいい練習になったと思います。今後も鯛ラバと平行して試してみたいと思います。


 今年は昨年の夏と状況がちょっと違うようで、ハガツオなどの私の好きなターゲットがまだあまりアタって来ないのですが、昨年は夏場もまずまず真鯛も釣れましたので、今後に期待です。時間が許す限り、錦江湾へ出て楽しみたいと思います。



TOPへ戻る