WEBフィッシングレポート
2013/8〜9月分

今回の使用ジグ類。


ダイワの紅牙シリーズ。意外にリースナブルなロッドばかりです


サビキに付いたアジを食っていました


タイラバでオオモンハタ


食べ頃のイトヨリ

平田船長の船です。お世話になりました

釣行日:8月中旬


 みなさま暑い夏も終わり磯師達の釣り竿の手入れが始まる頃でしょうか。さて今回はクロのフカセ釣りではなく鯛ラバです。
といっても全くの素人釣りであり、ここでは釣りの雰囲気をお伝えできればと思っております。
 場所は錦江湾谷山港から喜入沖周辺で、狙うは真鯛かハタかアジかといった具合で平田船長のお誘いで遊んでまいりました。 南のつり10月号で掲載された若き船長の釣りも見たくてワクワクしながら港にて船長と合流久しぶりの再会でした。
 船は産業道路よりの谷山港にあり車から降りると直ぐ船が見えます。マキエも無いためコンパクトでなんとも快適な釣りです。竿やリールは最近相次いで鯛ラバ専用が出ていますので、ひとまず私も入門用にロッドとリールを準備しました。入門用ですからそんなに高額でなくとも良く、極めていく段階でそれなりの方向性に合わせて次のロッドやリールを求めたいところです。秋のニューモデルにグローブライドから発売された紅牙(KOHGA)はとてもリーズナブルなスタンダードモデルロッドがあり大変オススメです。
 リールも巻き取りスピードを一定に保ちまたヒットスピードを数字で確認できるICカウンターが付く優れもの早速私もロッドを購入いたしました(当時リールはまだ未販売でした)。
 ということで2m程度のロッドを使って重くとも100g前後までのタイラバやインチクだけでの手軽な魚釣りは、暑い頃にはもってこいの釣りかと感じ最近はまりつつあります。また当ってくる魚が高級魚ばかりというのも嬉しい限りです。インチクではイサキもきますしタイラバの上部ラインにサビキを付けておけばアジ等も来るので楽しい限りです。日頃餌さ釣りばかり行なっている私がのめり込んでいきそうです。また夏でも海の上では涼しげで陸ほど苦になりません。
 それでは実釣の様子ですが、まずポイントとして海底のかけ上がり部分や根周り漁礁などを、魚探と合わせて探ります。船はアンカーを打たず流し釣りを行ないます。魚探に反応が出れば直ぐにタイラバを落として一定速度でのんびりとリーリングするだけですからほんとに気楽な釣りです。
 その日はまず朝一番に小型の真鯛がヒット! 赤金の全遊動タイプのタイラバで80gネクタイの色はオレンジでした。かなりスローで喰いタナは海底から3m付近です。
 しかし、後が続かずそれからは移動しながらイトヨリなどを追加して楽しみました。途中、海老テンヤ釣りをしていた平田君に70cmのコロダイがヒット!! テンヤのカラーは緑!ゴロンと横たわる魚体にはわたくしヨダレガ出そうでした。
 緑のテンヤといえば、錦江湾の漁師さん達も推奨する鯛ラバなどの色は濃い緑が一番とのことで1日この色で通しても良いようです。私は探究心の塊であるので何でも使っていきたいところで、また楽しみながら釣りたいのでタイラバの上部にはサビキを付けてみたり、ソフトワームを付けてみたり変化にとんだ仕掛けで遊び心を大切にしています。
 この日も上部のサビキに豆アジが掛かっていたのでそのまま沈めてみました。すると着底と同時に中型のオオモンハタが喰らいついてきたので、これがまた興奮しとても楽しいものでした。ついでに青物がくれば尚良かったのですがこの日の魚探に反応はありません。
 それから上部に取り付けるサビキについてですが、私は市販のもので青物用のサビキ六本組みを半分にカットして結んでいます。ハリスは3号程度です。但しエソの多いところではこのサビキ類は外したほうが良いですね、サビキにエソばっかりきますから大変なのです。
 そうこうしていると本日の釣りも終了。真鯛は1枚で数に型に出せませんでしたがオオモンハタ等もでてお土産は十分です。イトヨリは塩焼きがとても上品な焼き物に仕上がり思わず舌鼓。本日も自然に感謝するのでした。
 皆様に鯛ラバを始めたい方いらっしゃればチョッと釣具店を覗いて実際のロッドやリールを手にしてみて下さい。エギロッドクラスの手軽なライトタックルの釣りでデカイ真鯛もデカイハタも手にできる上、奥が深く飽きさせない釣りです。今後ももっと加熱していく釣りの一つですね。ということでタイラバゲームもっとあそんでみまーす。
TOPへ戻る