WEBフィッシングレポート
2008年1月分
〜南薩・片浦のフカセ釣り&エギング〜



フカセもいいけどエギングもネ!

〜南薩片浦釣行記〜

釣行日:2007/12/27・2008/1/3
釣場:横瀬・小瀬

レポート/東郷龍心
 年末年始にかけ、2連続で南薩片浦の磯へ。 まずは例年この時期にクロの好釣果が見られる『横瀬』へ期待して上がったものの、この日は潮行きが悪く、朝マズメに水道部を攻めた水口くんが30〜35cmのクロ2枚そして際釣りで出た42cmのみの釣果 。後半は仕掛けをどこまで入れても付けエサが残る状態で、底付近でヘダイ、ハタ、ブダイなどのみのヒットに終わった。この日は立羽島が好調で、30〜45cmのクロ、20枚の釣果 が出ていたが、全体的にはやはり潮具合と水温低下の影響かクロの食いが渋い状況でした。クロの姿は確認できたので水温が安定する1月下旬頃には好釣果 が期待できそうです。

今シーズン初のクロ釣り挑戦の山下くん、大きく竿を曲げるが…

水道部で朝マズメの上げ潮時 に30〜35cmをヒットさせた 水口さん


小瀬では朝1投 目からミズイカヒット!


山下くん、500〜600gとまずまずの型をゲット!
 1月上旬、今度は神ノ島の『小瀬』へ。この日は久々の晴天ベタナギで天気が良すぎる程の中の釣行。同行した山下くんはエギング日和という事で、朝マズメからエギをキャスト。すると1投目からロッドがしなり、600g程のまずまずサイズのミズイカがヒット。その後も日が高くなるにつれ型は落ちたが、150gまでが20杯以上ヒット(キープは10杯)。南薩の磯の中でも片浦はミズイカの魚影ピカ一のエリア。磯エギングも期待大。磯釣りの際はエギングタックルの用意を!専門に狙っても面 白いかも。  フカセはこの日も潮が動かず残念ながらクロは不発…。深ダナを狙ってどうにか41cmのチヌがヒットした。片浦のチヌの乗っ込みは速くて2月中旬頃から始まるので、こちらももうすぐ楽しみになってきます(でもやっぱりもう少しクロを楽しみたいですね)。


今回使用したフカセ釣りのマキエはマルキユーの『遠投ふかせTR』、バッカンはおNEWの釣研『ハードバッカン』
エギも釣研の『ダートフォース』3.5号を使用しました。

トップへ戻る