oyama


~上甑島 双子島~ 長潮 干潮10時7分 天気 雨/曇 釣研FG鹿児島支部 大山 洋平

 6月22日、毎年恒例の釣研FG鹿児島支部の梅雨グロ釣り大会に参加してきました。
 一応、大会ではありますが、あくまでも親睦を深めようというのが一番の目的。クジ引きで瀬渡し順を決めるため、誰と瀬に乗るか分かりません。当日は、風が強く大会開催が危ぶまれたが、会員皆、日頃の行いが良いのか開催となりました。
 私は、メキメキと釣りの腕を上げてきている有園さんとの瀬上がりです。
 場所は、甑島の里。この時期オナガも期待出来る最高のフィールドです。また、前日の情報では『エサ盗りがクロだよ。イサキも釣れてるよ』とお世話になる蝶栄丸の石原船長。
 キッサキより渡し、コゴ瀬を抜け、双子島の沖ノ島寄りの瀬に上がります。
 今回のマキエは使い続けているマルキユーの「V9徳用」、「TR」を配合。拡散性が両方ともに良くマキエをうまく投げられない私ですが、多少ズレてもサシエとの同調を拡散性でサポートしてくれるので愛用しています。
 竿はがまかつ マスターモデル口太T-5.3に道糸・サンライン「ブラックストリーム マークX」2.0号を巻いたリールをセットします。ウキは釣研「グラビティー」0を通し、ハリスはサンライン「ブラックストリーム」2.0号を結び、ハリはがまかつ「競技くわせ」6号で挑みます。
 仕掛けを作り有園さんと場所決めジャンケン。『ジャンケン弱いんですよ。』と言うが、私は負けてしまいました。有園さんは潮上ではあるが、取込みしやすそうな場所を選択。私が潮下へ入ります。
 釣り開始。マキエを撒き、エサ盗りの状況、潮の流れなど確認しながらツケエを付けます。ツケエはマルキユーーの「船丸パック」のLサイズとMサイズを準備しました。
 潮はアタリ気味ですが、右側へ流れています。有園さんに迷惑にならない程度に左側へ投入し流していきます。グラビティーを注視しているとス~と傾きながらアタリです。
 足元にハエ根があるため取り込みは強引にいかなくてはいけません。魚を誘導するが逃げる場所を知っているようでハエ根へと突っ込みます。若干強引に浮かせ1尾目をライブウェルへ。さすがブラックストリーム。ハリスを触るとザラザラしているが取り込むことが出来ました。1投目で本命のアタリを捕え甑島の好釣さを伺わせます。
何か静かだなと有園さんを見るとやりとりしています。慎重に浮かせタモ入れ成功。初おろしのタモで、釣り開始前には『今日はこの タモで魚が掬えますかね』と謙遜した口調で笑わせてくれたばかりでした。(やったね↑↑)
 同じ流し方で同サイズをキープしたが、有園さんともドングリの背比べ。大会規定が1尾長寸のため、仕掛けを変更。浅ダナ狙いから深ダナへ…ウキを釣研「グラビティー」2Bに変更します。タナを竿1本半に設定し、馴染むと沈んでいく作戦です。ハリには口太くわせ6・5号を結びます。マキエを先打ちし投入ポイントを沖寄りへと探ってみます。順次沖へとポイントを変えシズミ瀬の側でスパッとアタリ。オナガと思ったが、竿を叩くので他魚種と判断。案の定イスズミ。調整のジンタンをG5へと変更しました。    
 マキエを投入し潮上へ仕掛け投入。時間差で追いマキエを被せます。先ほどアタリのあったシズミ瀬でシュルシュル~とウキが入ります。穂先で誘ってからアワセると竿に重量感が伝わります。竿曲がりを楽しみタモに収めたクロはサイズアップ確定。
 その後も有園さんと交互に竿を曲げ梅雨グロの数釣りをすることが出来ました。中には強烈なやりとり後、瀬ズレによりバラしたり潮を空から被ったりとても楽しい釣りができました。

~上甑島 松島ダマ~ 大潮 満潮8時36  天気 晴れ

 先週(釣研FG鹿児島支部梅雨グロ大会)のリベンジを師匠の野間氏と行ってきました。
 船長より呼ばれ準備をすると大会で3位・4位の出た松島のダマに瀬上がり出来た。話を聞くとオナガのアタリが数多くあり目視も出来たとの事。それを聞いて瀬上がり出来たってことは『どうぞ釣ってください』と魚からのご褒美をもらったようなもの。2人して慌しく準備を整えたのでした。
 今回のマキエはマルキューの「V10」、「グレパン」を配合。白い配合エサの為、視認性が良く潮の流れが分かりやすい集魚材です。
 マキエを撒き仕掛け投入。仕掛けが馴染んでアタリがあるもなかなか掛かりません。
 しっかり仕掛けを送って穂先に乗ったところでやっと掛かるような渋い釣りです。ウキの浮力を変えたり、タナを変えたり、あの手この手で数を追加します。
 子ナガすら姿を見せないまま下げ潮が入ってきたようで潮が当ってきます。その潮になってから釣りにくいが魚の活性がよくなりました。先ほどまでのアタリと違い、気持ちよくウキにアタリが出始めました。
 遠投し足元に返ってくるウキは足元伝いを左側へ行き同じ場所で喰ってきます。しかもオナガが釣れます。オナガは瀬から離れないで捕食しているのが判断できます。納竿間近となり、釣れる魚を時間いっぱい釣り片付けを行いダマを後にしました。
 今回の釣行で、上物釣りは当て潮を敬遠しがちですが、ちょっと頑張ってみると面白い魚の習性が発見できると思いました。

oyama01 oyama02 oyama03 oyama04oyama05 oyama06