sumita

釣行日 6月末日 甑島 鹿島 「ネンガ瀬」 住田雄司

 本日夏日!7月直前の強い日差しの中、エサ取り魚達の猛攻に果敢に戦いを挑んでみましたので、今回はそのふかせ釣り釣行記となります。釣行日当日、気温は朝23、昼31℃、水温は24℃と季節は日々夏へと進んでいるようです。そこで夏につきもの餌取りに対してタップリの撒き餌を準備。特に安価のパン粉2kgを3袋準備しそのパン粉のみを別途撒きまくる算段です。本命ポイントには沖アミと配合材入りの通常仕様の物を必要量考え撒きます。
 さて今回訪れたのは鹿島では超有名な「ネンガ瀬」。シケ模様の中なんとか安全の範囲内でとのことで、様子を見ながらも鹿島の西側へ向った誠豊丸・・・わたくしはどこへ降りるのか?いつもの如く瀬の予約もせず全くノープランであり、空いていたところへ船長お任せにて降りてみると、そこはなんと今回が初めての「ネンガ瀬」なのでした。ただウネリは強く当てており高い波を作り強く大きなサラシを発生させています。それでも贅沢は言えません、道糸の操作は大変でしょうが高台から釣りは可能なのでこんなシケ日にしては十分な環境です。まずは憧れの瀬でもあったのでゆっくり瀬の観察をしてみます。その時驚いたのが瀬の広さ、干潮時は何名収容できるのか一見しただけでは判断できませんでした。ポイントも広い分絞りきれそうにも無く始め戸惑ったというのが感想です。
とにもかくにも準備を済ませ、まずは船長の指示通り船付け側にて竿出しをこころみます。上げ潮は北向きの「灯台下」を向いて釣り、下げ潮は南を向いて本日の船付け場周りがポイントとのことでして情報はこれのみ。「とりあえず際から狙いましょう・・・」と狙いを定めて撒き餌を入れてみたところ・・・バシャッ!海面にはどうやら小魚の群れがおります。その正体を確かめる為仕掛けをいれてみると、ウキの着水後一気にひったくっていくのでした。それらの正体は、この時期から秋の頃まで元気いっぱいで腹いっぱいになるまで暴れてくれる木っ端尾長達でした。「未来の芽は摘みたくないな・・・」と次々掛かる若者たちをやさしく海へとかえしその姿を見送るのでした・・・。
 んんん?こんな書き出しだと「釣れんかったね!」と突っ込まれている頃でしょうがもうちょっとご辛抱下さいませ。この後はタナを深く早く沈めて下に居るはずの良型を狙ってみました。すると・・・イスズミでした。思わず「あ゛ーあ゛っ」と「あ」という言葉に濁点を打ったような声が漏れてしまいます。なぜなら、このイスズミと木っ端の猛攻ははるか沖でも発生し、ウキの着水音だけでバシャバシャと集まる養殖場状態。朝二時間経ちなんと釣果0なのでした。さすがに不安になります。その後の悪戦苦闘の様子を順に説明いたしますと・・・まず、撒き餌で分離→これは失敗。次に一気に沈めて木っ端の下を釣る→これも失敗。ど遠投→失敗。撒き餌を撒かない→失敗。ベタ際を釣る→失敗。めいっぱい濃い撒き餌の中で釣る、またはその周囲で釣る→失敗。付け餌さをいろいろ試す→失敗。場所を移る→成功。実は、上げのポイントと聞いたところで、下げ潮なのに竿を出してみると40cmUPの尾長がきてくれたのですから、物事は諦めずに試してみるものです。ただあて潮気味で釣り辛く、木っ端とイスズミの猛攻は同じ状況でした。それでもようやくヒントらしきものをつかみ、サイズこそ30cmチョッとも混じるものの、そこから続けざまに20枚以上釣ることに成功。なんともいえない充足感に包まれ終わることができました。では最後にその時得たヒントの説明ですが、そのキッカケはたまたま裏へ移動してみたことであり、移動先の釣座からは海中のコッパ達の動きがよく観察できたことからヒントが得られました。木っ端とイスズミの大群はアジ小の様に真っ黒としているものの、その行動に規則性がみられそれは食べる呼吸というべきかタイミングというべきか永遠にガツガツとしているものでなく、どこかで途切れたりしているのでした。また大量のパン粉を入れ続けていると明らかに飽食状態になり食い気の落ちた魚体も観察できましたので、仕掛けの投入タイミングと投入ポイントなど攻略の糸口へと繋がり結果が残せました。と言う訳で今回のお話は「釣りは諦めないでぇ~」と題しておこうかと思います、それではまた。

sumita01sumita02

釣果                           ガンガ瀬全景

sumita03sumita04

セパレートバッカン(右)に餌取り専用撒き餌を準備    コッパ尾長40cmUP

sumita05sumita06sumita07

イサキ狙いでグルクンもう夏ですね             誠豊丸              餌盗りのギゴイ南魚

筆者使用タックル
ロッド ダイワ TOURNAMENT ISO F 1.25号 
リール ダイワ NEW TOURNAMENT ISO Z競技LBD
道 糸 アストロン磯マスターエディション ピーチマーキングレッド1.85号
ハリス 1.7号~1.5号2ヒロ半直結
ウ キ 円錐サイズS浮力0
オモリ 不使用
潮 受  釣研「からまん棒潮受け大レッド」
ハ リ がまかつ「M system/グレType口太速攻6号」「テクノグレ4号」