11sumita_01

11月 下甑島~ 鹿島西磯「サイヤマ」そして「鳥の巣」へ        住田雄司

 本日は、突然釣行を思い立ちとにかく海へ出たいとの思いで鹿島へとクロ釣りにやってきました。と言う訳で今回は鹿島西磯からのレポートです。
 本日はクラブの先輩樗木さんとサイヤマに同礁して頂きました。この「サイヤマ」一度前シーズンで訪れておりますがかなりのシケ日で苦労した記憶が残っております。
 この日の天候は東岸が強風で西側は良い感じで風裏になりそうです。その下甑島西岸を南下し地磯「サイヤマ」へと降り立つと満潮からちょっと下げ始めたところでした。今季はかなり好調で楽しみな場所です。
 釣座は船を付けた場所から沖を向いて右手に自分が入りました。釣り開始直後は、際から右沖へと長く伸びたハエ根が規模は小さいものの強く複雑なサラシ場を作り釣り辛くありました。
 まずは撒き餌で餌取りの確認、撒き餌の帯がゆっくりと沈んでいきます。一番に出てきたのはイスズミ達、このコッパイスズミは水温が下がりきらないと大群で群れ瀬一帯から離れないので一番厄介です。これに続いておやびっちゃが群れておりますが、クロの姿は見られません。
 そこで手前にはエサ取り専用に準備したセパレートバッカンのパン粉撒き餌を入れ続けておきます。本命用はサラシの影響の少ない竿三本程沖に遠投し、アミ・集魚材入りの濃い撒き餌を少量入れ全遊動で沈めてみますが・・・・・どうでしょう。潮が極ゆっくりと当ててくるような中スパッとひったくっていったのは~、イスズミ。イスズミがかなり沖にもいます、サラシの際も全てについております。瀬際はオヤビッチャの群れで厳しい状況に苦戦モード。
 そんな中、空気を変えたのが樗木さん。ロッドがきれいに絞り込まれ良型のようです。まもなくしてとりこまれたのは40cm超えの口太でした。「サイヤマ」はこの40cmクラスで揃えることが叶う磯です。この一尾で確変突入の展開を期待して胸が高まるところですが、単発発進となってしまいます。理由は全く流れない潮です。沖からゆっくり当ててくる様に見える潮でしたが、下は流れておらず仕掛けが馴染んでしまうと途中で滞留してしまうのです。仕方ないのでできるだけ潮のヨレを探して投入し、ウキは流れないままでも全遊動で付け餌を入れていきました。しかし、出てくる魚はイスズミです。
 そこでもう一つ工夫してみます。撒き餌の撒き方を変えて本命用には少なく細かく投入しおき、イスズミ用にはウキから3ピロほど離して周囲に固まりをボットンと入れて分離してみます。すると2ヒロで必ず食ってきたイスズミをかわして時折付け餌が下まで入るようになりました。ようやく道が開けたと感じた時わたくしにも待望の一枚目がきます、型は36cmチョットと小さいものの嬉しい一尾でした。このパターンでイスズミさえこなければクロが食ってくると確信したのは二尾目をかけてからです。でも効率悪すぎる展開に疲れてしまうと、その曇った心を表すかのようにポイント一帯の海が薄茶色のクリーム状の泡で埋め尽くされてしまいました。その泡は濃く泡の上に仕掛けが落ちると付け餌は沈みませんし、道糸も滑らずポイント一帯での釣りが不可能となりました。一方の樗木さんもその後釣れていないようで、流れない潮と増え続けるゴミと居座るイスズミだらけの海にさよならを告げたのでした。
 さて第二ラウンドは何処へ?迷ったあげく北上し「鳥の巣」へと降りてみました。
 久しぶりの「鳥の巣」でしたが撒き餌を入れるものの見えるクロはいません。見えないならひとまず瀬際からと考え入念に撒き餌を入れた後、ベタ際に仕掛けを馴染ませ第一投目。2ヒロで馴染んだ後5秒ほどしてユラ~っと入るウキに合せが入ります、乗った重量はかなりのもの慌てずゆっくりとやりとりを開始です。口太っぽい引きですがなかなか浮いてくれません。
 時間を掛けてそのシルエットが見えるかどうかというところまで浮かすと尻尾が白いことが数回確認でき、かなりの型の口太の尾であると分かりました。そこからもう一度突っ込みますが、口太だと分かってしまったので40cm後半かそれ以上の良型だとは分かっていたものの強気で勝負です・・・ところが即ハリス切れ!!!ハリス1.5号を付けていたことに泣きました。その後はこの一帯も漏れなくイスズミだらけになってしまいます。またハリスを1.7号に上げたせいかクロのようなアタリが時折あるものの食い込むにはいたりませんでした。そこで、それまで使用していた二段ウキをシングルにし、ハリスを再度1.5号へと戻しました。これが正解でようやく追加のクロがきます。更にど遠投して瀬周りに溜まったイスズミを避けてみるとクロが入れ掛りとなってきました。型は35cmまでで小型ですがほぼ狙い通りに掛けられる様になります。しかし時遅し無念の終了時刻を告げたのでした。この日他の瀬も流れておらず苦戦していたようですが、中池屋の水道部など潮通しの良いところで好食いしておりました。その後の「サイヤマ」は絶好調中ですオススメの場所です。

sumi7sumi10sumi9

本日釣果一部             第一ラウンド「サイヤマ」釣座.JPG   第二ラウンド「鳥の巣」全景

sumi11すみ8

久しぶりに棒ウキ登場         樗木さん本日初ヒット40cmupの口太

基本仕掛け図 
ロッド ダイワ TOURNAMENT ISO F 1.25号 SMT
リール ダイワ NEW TOURNAMENT ISO Z競技LBD
道糸  アストロン 磯 グレイトサードギア1.85 号
ハリス 1.7号~1.5号 


仕掛け①
ウキ  ・釣研 「T・HOPE」浮力B ロングトップ仕様
    ・ダイワベガスティック 0号
   
潮受  ・釣研 「からまんぼう イエロー」二個付け
ガン玉 ・B
ハリ  ・がまかつ 「M system/グレ 口太速攻6号」「ナノグレ3~5号」
           
仕掛け②
ウキ
・釣研 「ツインフォースタナM」 上ウキG2下ウキG2 
潮受  ・釣研 「からまんぼう 透明」 一個

 

弁慶島

11月中旬  甑島 中甑「弁慶島一番半」               住田雄司

 ハイみなさま今回のステージ磯は「弁慶島」です。中甑島と下甑島の水道、藺牟田瀬戸の東出口側で中甑島側にある小島が弁慶島であります。その弁慶島から東に連なる離れ瀬に一番、一番半、二番、二番半・・・とそれぞれ呼び名が付いております。誠豊丸で弁慶と聞けばご存知の方が多いことでしょう。その名礁「弁慶一番半」からのフカセ釣りを前半戦とし後半戦はそこからより藺牟田瀬戸へ西向きに入った位置にある「潜水艦」と呼ばれる瀬へと渡礁する予定であります。前半後半と分けている理由は、「潜水艦」は潮位が高い間渡ることが不可能なためです、この日は下げ潮のみの釣りとなるので頃合いをみて10時に瀬替わりする算段です。
 ただ、「潜水艦」は下げ潮に船付けの本命ポイントが当て潮となり、その裏側は浅く沈み瀬が多い部分もあるので釣りにくいのです、本来干潮五分から上げ五分の満ち潮狙いで釣りたいところではあります。と言う訳で前半は弁慶で遊びます。すっかり季節は冬模様で寒波が入り、風が強く寒く体が固まります。その寒さから身体の緊張がほぐれることなく体に異変が発生、ただそれはまだ先の8時半のこと。それまではめったにやることのないエギングをして夜明けを待ってみました。
 と言うのも夜釣りで良型の口太でも出ないか試したところ、キンギョにハタンポがバシャバシャと辺りを埋め尽くしておりましたのでこのベイトにイカでも付いていないかふと思い、なんとなくエギロッドを握ったのでした。瀬の一番と二番の水道出口を広範囲で探って数投目、カウントしてフォールさせると思わぬところで根掛りです。と思えたのですが、強引に回収を試みると極ゆっくりと寄る様にも感じられ、そのままテンションをかけ続けたところ一気に走っていきました。私は1人磯で寂しかったのか「こいつは、でかイカ!」なんてダジャレを声に出してしまい、次の瞬間はずれておりました。その時とんでもない寒いダジャレにいや重量感に手がしばらく震えておりました。が「まっイっカ」とまた独り言をつぶやき、虚しさとせつなさを紛らしつつ「つがいならまだいないかな?」と同じポイントへキャスト・・・すると瀬際までは反応がなかったものの、回収前の最後のフォールから初シャクリ目でグゥ~とバケツでも引っ掛けたような重量がロッドに乗りました。「・・・・」今度は無言、ダジャレは言いません!集中してドラグを調整し長い間格闘の末浮いたのは目玉が卓球玉位もある巨大アオリイカでした。フカセ用45cmのタモに収まらないサイズに更に苦戦。とうとう瀬の周りを引きずり回して浅場からズリ上げようと考え出しました、やりとりを繰り返しようやく裏のスロープ状の浅場に持ち込めました、「せーのっ」で寄せる波に乗せてズリ上げフィニィッシュ!・・・「あ゛っ」思わず「あ」に濁点をつけたような声が出てしまったのは、重すぎて全く上がらずその波打ち際で今にも逃がしそうな状況になってしまったのです。次の瞬間わたくしはひざまで海の中でした、ですがその私の右手には、「寄生獣ミギー(公開中映画ネタです)」のような巨大アオリイカが巻き付いてウネウネと暴れておりました。めでたしめでたし。
 さてその後の状況ですがフカセ釣りを開始すると間もなく次のイベントが発生、なんとギックリ腰になってしまったのです。痛み止めや救急箱を常備しているので薬を飲みシップを貼り瀬に横たわりました。時は朝8時半、痛いし暇だし動くと激痛だしで泣きそうです。あまりにも痛いのでロキソニン(痛み止め)をもう一錠追加で飲んで、船長にも瀬替わり不可能と連絡を入れ寝たり座ったりを繰り返しておりました。しかし釣り人のさがでしょうか、座った姿勢でチョボチョボと撒き餌を撒いたのです。時折竿も座ったまま出しました、竿を握って寝転んで流れて行くウキを見つめて「なんて日だ」とぼやく有様。デスクワークと朝の冷え込みで固まった腰が壊れてしまいました。ですが、釣り人の心は強い!1時間に何投も出来ない体でもイスズミが暴れて激痛をもたらしてくれても、42cmの尾長~32cmまでの口太を10枚ほど釣ったのでした。尾長は一番と二番の水道の先かなりの沖2ヒロでヒット、撒き餌はほとんど同調していなかったでしょう。口太は瀬の近くで40cm弱を頭に3ピロでヒット。この時は撒き餌を撒くと獰猛なイスズミが先に出てくるので時間差で付け餌を投入し掛けています。
 ハリスは終始1.5号でしたが針はカラーローテーションを実施しピンク→白→黒というように最後はイスズミ避けで黒針にて終わりました。それから補足ですが、始めはウキ止めを入れ大好きな二段ウキの釣りでしたが最後まで食い込まず離すようなので、全遊動の単ウキ仕掛けにしたところ乗り出しました。と言う訳で今回はこの辺でお終いとなりますが腰は要(かなめ)と書くとおり大切にしなければなりませんね(痛)ではまた。

sumi02sumi04sumi05

明け方大格闘!            左からカラーローテーションしました

sumi03

タックル

ロッド ダイワ TOURNAMENT ISO F 1.25号 
リール ダイワ NEW TOURNAMENT ISO Z競技LBD
道糸  アストロン 磯 グレイトサードギア1.85 号
リール ダイワ     TOURNAMENT ISO Z 2500競技
ハリス         1.5号~1.2号2ヒロ~3ヒロ直結
ウキ         ・釣研「ツインフォース沈め」(上B下2B)
              「ツインフォースタナ」(上2B下2B)
潮受         ・釣研「ウキ止めゴム黒 」
        
ハリ         ・がまかつ「Msystem/グレType口太速攻7号」
                「テクノグレ3~4号   」 
                「ナノグレ4号~」