4月末日  甑島 鹿島「赤瀬」 住田雄司

 みなさまごきげんいかがですか?ゴールデンウィークは釣り三昧の方とか多かったのでしょうね~うらやましい限りです。わたくしは連休序盤仕事とこの原稿に向かい合っておりました。連休後半で津倉瀬へと向う予定でしたが天候不良で中止、残念。と言う訳で今回お伝えするのは「赤瀬」となります。
 そこは甑島の鹿島西岸を南下し由良島の近くにある赤茶けた岩盤の地方の瀬場です。
 最近夜明けが早くなったもので降りた時にはすっかり明るくなっておりました。この様に既に明るかったこともあり、朝一から私お気に入りのレイバンの偏光グラスで海を覗いてみると撒き餌もしていない状況で魚がおります。紛れもないクロ(口太)でした。しかも、水汲みバケツの着水に反応するほど高活性、前日に撒き餌が入っていたのかな?と感じるほど瀬に向って泳いできます。ここで撒き餌を入れたらどうなるのでしょう。好奇心が勝り仕上がっていないままの撒き餌を入れてみることに。
 すると30cmクラスの口太の群れと50cm以上ある尾長数尾にその同サイズのイスズミ達が浮いてきました。朝からスゴイ!と、とにもかくにもひとまず一投目。潮は流れておらずゆっくりと風に押されて当ててくる状況でした。撒き餌は真っ直ぐ沈むだけでしたから、当ててくるその軌道上にパラパラと先打ちし撒き餌の道筋を作っておきます。それは同調とは程遠く、ほぼ真っ直ぐ沈んでいく撒き餌のカーテンの中を付け餌だけが単独で流れてくるといった極めて不自然な様相でした。しかし、一投目から口太30cmがヒット。狙い通り!・・・なんてことはありません。サイズには不満が残ります。
 そこで再度良型の反応を求めて海中観察をおこないました。しばらく、観察の為だけの撒き餌を入れ続けると、沖よりも瀬際のほうに良型が多く、その中には二尾の50cmを軽く超える尾長も浮いてくるのが見られました。これまたここでも興味本位で、迂闊(うかつ)にも口太仕様の細仕掛けのまま投入してみたのでした。すると予定通りのコースで付け餌が流れていきます。そこへこれまた予定通りの尾長達が現れました。どうかな?・・・と思った次の瞬間「フッ」と付け餌と尾長の姿が視界から消えました。
 タナは2ヒロ。張っていた道糸がいきなりギューンッ!二尾の尾長の片方ちゃんがくわえていったのでした。そのまま沖へ一気に走っていくので、これはチャンスとばかりに竿を寝かせて溜め耐えます。このまま水平に引いてくれ疲れてくれればラッキーです。
 また早掛けで口にフッキングできているはずで、針のサイズも6号ですからとれる自信がありました。但しハリスは1.5号の口太仕様のままですから、1.25号の竿を十分に溜めて遠方で弱らせなければなりません。長く出た道糸の伸びと1.25号の竿の柔軟さを利用して魚が引き疲れるまで待つのです。と言うわけで尾長との遭遇に興奮した私でした。ハイおしまい。
 ・・・ん?結果ですか?とれてはいませんよ~(涙)。作戦上では十分にとれたハズの55cm前後の尾長ではあったのですが、引いていったその沖には浅く広がる沈み瀬がありそこでズリズリズリとハリスをすられてラインブレイク。初めての瀬でしたから朝のうちはその沈み瀬を見つけられずやられてしまっていたのです。
 その後はというと、相変わらず潮が流れず35cmの口太がポツポツ釣れていただけでした。時刻は朝7時半、まだ一尾の良型尾長はチラチラ見えていたのでハリスの号数を1.7号~2号に上げてリトライを試みます。ところが流れない潮が原因かハリスが見抜かれてしまうようで付け餌には口太すら触りません。しかし、この時既に口太では満足できない心境に至っていたわたくしは、尾長狙いに没頭し時間を忘れていくのでした。瀬替わりの時間が過ぎても尾長を狙い「赤瀬」に留まりました。上げ潮が入る時間となりましたが状況は変わらず潮が走りません。口太は変わらず2ヒロで撒き餌に反応しており、ハリスを1.5号にした時はイスズミと競うように喰ってきました。そのうち良型尾長の反応がどんどん悪くなってしまいます。 更に太陽がサンサンと照り出し、また風速10mの強風が右から左から蛇がのたうつ様に吹きまくりました。「尾長タイム終了~」と心に決めたのは午前10時でした。それからの時間は、口太タイムで楽しみます。
 ・・・と言いたかったのですが気付けば、なんと瀬の周り一面をイスズミの群れに囲まれてしまうのでした。どこをどう見ても30cm~55cmのイスズミしかおりません。ついでにブダイも数匹参加してブッチンブッチン大会の会場となっていくのでした。
 さて皆様なら朝のチャンスタイムで口太の数釣りをされますか?それとも尾長で遊びますか?筆者は尾長にもてあそばれました~。最後はイスズミに泣かされ口太10枚ちょっとで納竿となりました。こんな赤瀬の様子でしたが、船長のお話では良型尾長場でもあり口太も数がでる良い瀬であるとのことでした。
 今度は大きな潮でのってみますね~。

27年4月住田