7月中旬  下甑島 鹿島「千畳」 住田雄司

 今年の海水温、なかなか上昇してくれませんでしたね。そんななか様子見といった感じで夏のターゲットシブ鯛を夜釣りで狙ってみました。イサキも合せて狙えればよいのですが・・・。
 さてこの日のステージは下甑島、当初野間でシブ狙いをとお誘いいただき楽しみに待っていたところ台風の影響で時化の予報です。野間半島の南向きはまともにウネリを受けてしまうので急遽「誠豊丸」で甑島へと向うこととなりました。西磯の北向きに開けている瀬場ならウネリがないとの判断です。ところが船長に予約した段階で、下甑島の東側「長浜」周りにイサキの群れが入っているとの情報で、時化予報を忘れ心はすっかり「長浜」に進路をとっていました。「今年イサキに出会っていない、イサキを食べたいな」と話しは弾みこのイサキ情報に期待が膨らみます。しかし、無常にも時化の予報は当たるのでした、南からのウネリとまた風も出てくる予報で結局西磯へと転進し時化ても安心な「千畳」へと降りたのでした。とにかく釣りが出来ることに感謝し、瀬場へ降りた我々は、明るいうちに釣り仕度を済ませ、ある程度ポイントを見定めておきました。
 それでは本日のタックルの説明です。使用するロッドは3号前後の強めのフカセロッドをシブ鯛用に、4号前後の遠投用(インターライン)をカゴ釣り用に準備してロッドホルダーへ立てておきます。シブ狙いのラインは道糸8~5号にハリス8~6号、ウキは電気ウキ5B~1号、針は・・・?あっ!説明の途中ですが当日シブ用のデカ針を忘れてあるのはクロ用ばかり、最大でも9号でした。仕方ないので孫針を付けた形で針の2段結びを作りスッポ抜け対策としました。次に遠投カゴ釣り用のタックルは道糸4号でハリス5号、重り負荷12号の発砲ウキにケミホタル50をセット下に反転カゴを使用。ハリスを1ヒロチョッととりました。針はここもクロ用9号で代用します。
 さて釣り開始ですが、まず結果を出してくれたのはシブ釣りのベテラン前田さんです。黒点をゲットし、この日の釣りを盛り上げてくれました。
 更にアタリを次々と捉えられてさすがの腕前です。ところが食いが渋くタモ入れ前にハズレてしまうようです。何故でしょう?一番の理由は海水温でした。今季雨が続いてか、はたまた黒潮の影響か、海水温の上昇が遅れていたのでした。なんと22℃台食いも浅いようです。
 更に当て潮でどこを狙っても当ててきて瀬にぶつかるとそのまま横滑りで流れ大変でした。一先ず私は沖を向いて瀬の右手中間ほどで竿をだしてみました。タナは3ピロ程度です。当てて来るとどうしても底狙いのため根掛りするのでタナは浅めで調整、瀬際の横流れの中で釣るようにしてみました。時間にして夜8時頃だったでしょう、突然電気ウキが沈んでいきました。合わせを入れるとズンと重くかなりの重量感です。間違いなく3キロ超えの魚と感じ慌ててタモを確認。引き具合はシブ鯛のようですが・・・クロ点かシロ点か?とそうこうしているうちに寄り出しました。いよいよタモ入れです。タモには蛍光ケミカルライトを結んでありますが、魚のサイズを考えて周囲に一瞬だけキャップライトを使いますと伝え調光ライトの光量を最低まで落して、直前でライトオン!その光のなかに浮かび上がったのはシロシブ鯛・・・と思われるシブ鯛の姿でした!サイズは60cmクラスでぼってりとしています。見た目はシロ点の体色をしており黒く大きな斑点がなかったので、シロと判断し慎重にタモを入れたのですが次の瞬間竿からテンションが抜けました。痛恨のバラシです。シロ点と思い手元が震えたからか?・・・いえ原因は小針でのスッポ抜けでした。「あ゛あ゛あ゛~」と重低音で叫んでしまいました。
 この後気を取り直し、直ぐクロ点40cmをゲットしました。ところが夜が更けるとすっかりアタリが途絶えます。キビナゴ撒き餌でキビナゴ餌の前田さんには怒涛のウツボラッシュ、カゴでイサキ狙いだった宮崎さんも当て潮ばかりでその潮にはイサキの生命感がないとのことです。更に強風が吹きだしました。風だけならまだ良いのですが、とうとうドシャ降り!予報には無い雨がスポットで振ってきたのか灯台の光さえ遮るほどの本降りとなったのでした。
 と言うわけで今回はおしまい。・・・では寂しいですね。実は話は続き夜明け頃に雨が上がりなんとシブ鯛のラッシュが来たから驚きです。宮崎さんのヒットを皮切りに明るくなってからの確変突入でした。ジグで狙った前田さんにもアタリが連発!しかし、針ハズレが多発。私も小針でスッポ抜けが多発しなんと6連ちゃんのスッポ抜けです。浮かした黒点の口からスポンとキビナゴが飛び出すやらで、二人で十数回も連続で掛けたものの取れたのは一枚だけでした。しかし、この回収前30分程度のラッシュで気分は上々次のシブ釣りに夢を膨らませ納竿となりました。
 この原稿を書いている今現在は、水温が上昇しており日差しも強く9月らしい天候となっていますが、とろけるような上質のシロ点をゲットし食べることが叶いますでしょうか?
 それではまたお会いしましょう。

27年8月住田